近江高2年生・小川良憲投手が完封、プロのスカウト「来年のドラフト候補に入ってくる」

高校野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 2014年高校野球選手権ニュース

 近江高校が鳴門高校に8-0と快勝した。2年生の小川良憲投手がスリークォーターから最速145km/hの速球を投げ、プロのスカウトも来年のドラフト候補にリストアップした。

9安打許すも

 成績を見ると、9回を投げて9安打3奪三振2四死球で無失点と、粘りの投球を見せた形となったが、投球内容を見るとそれ以上に相手を牛耳っていた印象を受ける。

 ストレートはここぞという時に140km/hを超す球を投げて詰まらせた。またスリークォーターから、シュート気味に変化するチェンジアップやカットボール、そしてスライダーなど左右に変化をさせる事ができた。ランナーを出しても狙い通り併殺に打ち取るなど投球術も見せた。

 小川投手は試合後に「150km/hを投げたい」と話したものの、注目しているのは明徳義塾・岸潤一郎投手のピッチングで、「マウンドさばきを勉強したい。甲子園に1年から出てますし投げ合いたいです」と対戦を熱望した。

 

北海道日本ハムスカウト評価

 北海道日本ハムの山田GMは、「来年のドラフト候補には入ってくるでしょうね」と評価した。下半身も強くスリークォーターのフォームも決まっている。このままで力をつけて常時140km/h以上を投げることができれば、来年のドラフト上位候補にも入ってきそうだ。

 昨年の春、夏、そして今年の春は2年生投手が優勝の立役者となった。小川投手もその雰囲気がある。

 日本ハム・山田GMに「来年のドラフト候補には入ってくるでしょうね」とまで言わせた快投。「ボールを低めに集めて、球数を少なくして」。常日頃心がける“打たせて取る投球”は、全国の舞台でも通用した。

 初回、鳴門の2番・高島に対して自己最速145キロを計測。その後3、4番の連打などで2死満塁となっても、慌てず次打者を低めのスライダーで右飛に抑えた。ベンチで球速更新を知らされ、思わず「ウソちゃう?」と聞き返した2年生だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント