奈良大付がセンバツ出場当確、エース・坂口大誠投手に中日、広島スカウトが注目

坂口大誠, 奈良大付

 秋季高校野球近畿大会では、奈良大学附が箕島に勝利し、ベスト4入りを決めてセンバツ出場をほぼ確定させた。エースの坂口大誠投手には早くも中日、広島などのスカウトが視察に訪れた。

坂口大誠投手

 坂口大誠投手は180cmの身長から最速140km/hのキレの良いストレートと、鋭いスライダーで三振を奪える投手として注目されている。

 この秋の近畿大会初戦では鳥羽高校を2安打完封して勝ち上がると、この日も箕島高校戦で7安2失点完投勝利を挙げてベスト4入りし、センバツ出場を当確とした。

 この日は早くも広島、中日等のスカウトが訪れていたといい、注目投手となっているようだ。来年のセンバツでどんな投球をみせるのか、注目投手の一人となる。

 なお、坂口投手は今日が誕生日のようです。おめでとうございます!

 最速140キロのキレのある直球とスライダーが武器で、早くも来年のドラフト候補に挙がる。初戦(対鳥羽)の2安打完封に続き、この日は中日、広島などのスカウトが見守る前で9回を7安打2失点に抑えた。


PAGE TOP