県岐阜商・高橋純平投手、阪神園芸仕込の甲子園仕様のブルペンで投球練習

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 センバツで活躍が期待される県岐阜商・高橋純平投手は、甲子園仕様のブルペンで投球練習を行っている。

阪神園芸に依頼

 県岐阜商は昨年に室内練習場が完成し、投手陣はそこのブルペンで投球練習を行っていたが、ブルペンの傾斜や硬さに問題があり、甲子園球場を管理する阪神園芸にメンテナンスを依頼した。

 甲子園球場のマウンドを守る阪神園芸に、甲子園と同じタイプのマウンドに整備してもらい、高橋純平投手も甲子園仕様のマウンドで投球練習を積んでいる。

 ブルペンで100球を投げ込んだ高橋投手は「全国制覇が目標」と話した。センバツ、そして夏、さらには18Uワールドカップのエースとしても活躍が期待される高橋純平投手、ドラフト会議まで含めて、これまでないくらいの1年間を経験する事になると思うが、故障無く1年間を乗り切ってほしい。

県岐阜商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 オフの間、投手陣は昨年完成した室内練習場でトレーニングを積んでいたが、ブルペンの傾斜や硬さに問題があった。そこで2月中旬に甲子園球場を管理する阪神園芸にスタッフ派遣を依頼。同社では各校のグラウンドメンテナンス業務を請け負っており、聖地と同タイプにマウンドを整備してもらったという。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント