東海大菅生・勝俣翔貴選手に広島、中日のスカウトが評価

勝俣翔貴, 東海大菅生

 東海大菅生・勝俣翔貴選手は投手としては4回途中で降板したが、打撃では2安打を放ち意地を見せた。広島、中日のスカウトがその打撃を評価した。

打撃でアピール

 王者・大阪桐蔭は強かった。勝俣翔貴投手は先発したものの、得意のスライダーを見極められ、初回から3つの四死球で2失点、3回にも3失点し4回途中で降板、3回1/3を投げて7安打6四死球で自責点は6、三振は一つも奪えなかった。

 おそらく、大阪桐蔭が勝俣投手の変化球のクセを見抜いていたのだと思う。スライダーのキレも秋よりも良くなかったが、良い所に来たスライダーも簡単に見逃された。相手が1枚上だった。

 ただし打者としては、6回にセカンドの横を抜けるライト前ヒット、9回にはレフトの前に流し打って2安打を記録した。その他の打席のスイングも高校生では抜きんでており、ライト前ヒットの打球は鋭かった。

 

広島、中日スカウトは打撃を評価

 勝俣翔貴選手の打撃について、広島の苑田スカウト統括部長は「打者として魅力がある。懐が深いし柔らかい。教えてできないもの」と話すと、中日の中田スカウト部長も「パンチ力があるし、スイングスピードも速い。」と話し、さらに「バットが内側から出てくるから、球をつかまえられる。バットコントロールが良い」と話した。

 打撃はスイングスピードだけでなく、技術的にもレベルの高いものだったと言える。

 投手としては昨年秋の明治神宮大会で強打の静岡高校を相手に9安打で4失点も11三振を奪っている。この時は東京大会を投げ切った疲労も残っていたし、強打の静岡打線という事もあり評価も分かれた。

 東京大会の準決勝・法政大高校戦では4安打8奪三振で1失点だったが、決勝の二松学舎大付戦では8安打3奪三振6四死球で2失点だった。勝俣選手の投手としての力は、高校では地区大会を勝ち抜ける力はあるが、全国ではこの大阪桐蔭戦で力を測られた感じもある。

 「納得のいく球を1球も投げられなかった」と話す勝俣投手、これから春、夏でスライダーの癖を無くし、磨きをかけて再び好投を見せてほしいが、プロ入りに向けては野手でという事になりそうだ。

東海大菅生高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

勝俣の打撃力 スカウト絶賛 西日本スポーツ 2015/3/22

 

気合空回り・・・「自分の球1球も投げられなかった」 デイリースポーツ 2015/3/22

 


PAGE TOP