県岐阜商・高橋純平投手がベスト8で敗れる、夏に向けて試練も

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 県岐阜商の高橋純平投手は、連投となる準々決勝のマウンドに上り8回を投げ切ったものの、浦和学院打線に11安打で5点を許し敗れた。それでも球速は147km/hを記録、これから夏に向けて大事な時を迎える。

スプリット解禁も

 この日の浦和学院は高橋純平投手のカーブを見極め、130km/h台のストレートにコンパクトに合わせてきた。それでも6回までは4安打で無失点、最速も147km/hを記録し、この日から解禁したというスプリットを駆使して好投した。

 それでも7回に力尽きた。4本のヒットで3失点すると8回にも4番・山崎滉太選手などに2本の2ベースヒットを許して2失点、チームも0-5で敗れた。「全ての球種で勝負して全部打たれた。完敗です。悔しいぐらい向こうが上だった」と話した高橋投手は、「楽しかったです。悔いは無い」と笑顔で甲子園を去る。

 高橋純平投手のセンバツでの成績

対戦相手登板安打三振四死失点自責点最速
松商学園完投9211110150km/h
近江完封9310100150km/h
浦和学院完投8115155147km/h
 261626365防御率1.73

 

夏に向けて試練も

 昨年のセンバツ大会NO1投手と評価された佐野日大の田嶋大樹投手や、前年の優勝投手・浦和学院の小島和哉投手、準優勝投手・済美の安楽智大投手も、センバツ後に苦しい時期が待っていた。まだ寒い季節に全力で、しかも連投のマウンドで投げる事で疲労や負担は大きく、センバツ後に肘や肩の痛みを感じたり、または疲労により肘が下がるなどフォームを崩してしまったりという事がある。

 高橋純平投手は甲子園は3試合で終わり、田嶋投手や安楽投手ほどの疲労は無いとは思うが、準々決勝の連投のマウンドで疲れは見えていた。多くの投手が経験した甲子園との戦いはまだ続く。

 「夏にもう一度来る」と話して甲子園の土を持って帰らなかった高橋純平投手、「夏はとことん勝ちにこだわりたい。全国制覇です」と話した。そのためにはまずは疲労を取り除く事が重要で、疲労が残ったまま無理してフォームを崩さないようにしてほしい。

 もうアピールは十分だろう。ドラフト1位は間違いないし、これから大学生、社会人等の候補を見ていくものの、「今年は高橋純平投手で」と内心で腹を決めた球団もあるだろう。これからは故障無く秋を迎える事が大切になってくる。

2015年度-高校生投手のドラフト候補リスト

県岐阜商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 一昨年の覇者・浦和学院に対し、スプリットを解禁。カーブ、スライダーと合わせ、全球種で勝負した。147キロを計測した直球に変化球を交え、六回まで散発4安打に封じたが、七回先頭から3連打を浴びて均衡が崩れると、流れは一気に相手へ。2回で計7安打を浴び、5失点。完敗を喫した。

 この日は宝刀スプリットを解禁。「全ての球種で勝負」に出たが、終盤は勝負球を見透かされるように痛打を浴びた。7回に3連打などで3点を奪われ、8回は連続二塁打を浴び、さらに失点を重ねた。最速147キロの直球、変化球の切れはともに悪くなかったが「相手の読みを外してもバットに当てる技術があった。2、3巡目から振り抜いてきた。全国レベルを思い知りました。甲子園ではまだまだ通用しない」と脱帽した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント