春季高校野球関東大会は浦和学院が優勝、プロ注目選手の活躍を振り返る

原嵩, 柘植世那, 西野真也, 茶谷健太, 諏訪賢吉, 渡邊峻平

 春季高校野球関東大会は決勝が行われ、浦和学院が川越東との埼玉対決を4-2で制して優勝した。今大会で注目された選手などを振り返る。

浦和学院の強さ

 まず最初に、優勝した浦和学院はプロからは4番の山崎滉太選手などが名前は挙がっているものの、今年のドラフト会議で即プロというような注目されている選手は少ない。

 しかし、投手では130km/h前後の球を操り、インコースのもバンバン攻めてくる江口奨理投手と小倉匡祐投手の両左腕は盤石で、打線も1番の諏訪賢吉選手から始まり、津田翔希選手、荒木裕也選手など自分の役割をきっちりとできる強さがある。

 特に西野真也捕手は、セカンドまで1秒台を記録する強肩捕手でもあるが、二人の軟投派投手を巧みにリードする姿は、大学で早いうちから日本代表の捕手を務めるような選手になっていくかもしれない。

 

今大会注目された選手

 今大会、最も注目されたのは、やはり東海大相模の小笠原慎之介投手と吉田凌投手だった。小笠原慎之介投手は内容こそ良くなかったものの149km/hを投げる左腕投手はあまり出てこない。プロのスカウトもドラフト1位クラスという評価を確定させたかもしれない。

 また吉田凌投手も不調が続いていたが、球速こそまだ戻ら無いものの、速球で空振りを奪えるようになり、スライダーに頼って投げていた昨年から成長している姿を見せた。プロのスカウトも1年時から高いままで、プロ志望をすればドラフト上位で消えるかもしれない。

 帝京三の茶谷健太投手は1失点完投勝利を挙げプロ3球団のスカウトにアピールした。185cmの145km/h右腕は夏に注目されそうだ。国学院栃木の渡邊峻平投手はサイドスローから141km/hを記録し、将来が楽しみ。

 プロ注目の健大高崎・柘植世那選手もきっちりと仕事をして打撃などで注目しているスカウトにアピールできたと思う。そして専大松戸の原嵩投手8球団のスカウトが注目する前で144km/hを記録した。短いイニングながら失点するなど、今年は公式戦で初登板で経験不足も出たが、中日スカウトは「間違いなく素材はいい」と評価している。

 あとは最後の夏に向けて、梅雨の時期に最後のひと伸びを期待したい。

春季高校野球(2015)関東大会の対戦カードと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-関東のドラフト候補リスト


PAGE TOP