高校野球・埼玉大会(2015):ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 春のセンバツで浦和学院がベスト4に勝ち上がり、関東大会決勝は浦和学院vs川越東と埼玉勢同士の決勝となるなど、今年の埼玉県のレベルは他の関東の都道府県よりも高いと見られる。しかし、ドラフト候補としては注目されている選手は少なく、注目度はC。

地区

 浦和学院は昨年秋以降、県内では負けていない。秋季大会そして今年春の春季大会も優勝をしている。そして秋、春共に決勝で対戦しているのが川越東、昨年秋は5-8、春は4-11で浦学に敗れたものの、関東大会決勝では2-4と接戦を演じた。

 花咲徳栄、春日部共栄という私学の強豪がいるが、チーム作りをする中でまだ熟していない印象がある。聖望学園や市川越などが優勝争いに絡む展開になりそうだ。しかし浦和学院の圧倒的な強さが光る。昨年夏のような事は無いだろう。

 

注目選手

 浦和学院のエース・江口奨理投手は全国区のチームを相手にも抜群の安定感を見せる。打者を最後まで見て、インコース、アウトコースにストレート、変化球を投げ分ける。球速は130km/h前半だが、高校生でこれをやられては打てない。しかし、プロではまだ難しい。小島和哉投手のように大学に進学してその先を見る事になりそうだ。

 打線でも津田翔希選手、山崎滉太選手と注目される選手がいるが、直接プロというよりは大学を経由してという事になりそう。その中で可能性を期待され指名があるとするならば捕手で好リードを見せる西野真也選手かもしれないが、大学などで捕手の経験を積んでからという事になりそうだ。

 

その他の注目選手

 川越東のエース・高橋佑樹投手は最速140km/hを記録、球威では浦和学院の江口投手以上でテクニックもある。175cmの左腕で将来が楽しみ。市川越は140km/hエースの登坂航大投手が、春の大会で好投を見せ夏に期待がかかる。また190cmの長身・永光由征投手は素質十分。

 春日部共栄の清水頌太選手は、昨年夏の甲子園で2年生ながら1番遊撃手として出場し、守備で高いセンスを見せていた。足もある選手で期待されていたが、あまり名前が出てこないのは残念。

 花咲徳栄は大瀧愛斗選手の打撃に期待がかかる。

2015年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント