九州には剛速球投手が目白押し!高校野球

高校野球ドラフトニュース 2011年ドラフト

夏の高校野球(第93回全国高校野球選手権大会)、九州にはこれでもかというほど、145kmをマークしている速球投手が揃っていますね。

福岡県:福岡工大城東 笠原大芽投手 2年生 145km 185cmの長身左腕、兄の将生投手(2008年巨人5位)に劣らない。

佐賀県:唐津商 北方悠誠投手 3年生 149km 制球力に課題も149kmは全国屈指の速球派。

長崎県:波佐見 松田遼馬投手 3年生 148km センバツで安打を打たれながらも粘りの投球を見せ、スカウトから高い評価を受けた148km右腕。馬力が持ち味。

宮崎県:宮崎日大 武田翔太投手 3年生 151km ストレートのスピードは圧巻。招待試合・興南戦で3安打8奪三振で完封するなど、実績面でも結果が出てきている。

鹿児島県:神村学園 柿澤貴裕投手 3年生 145km リリーフとしての登板が多いが、先発としても実績あり。安打は打たれるもののそれ以上に三振を奪える投手。

沖縄県:八重山 花城直投手 3年生 148km プロ6球団がマークする本格派。148kmのストレートもあるが多彩な変化球で、昨年春夏連覇の興南・島袋洋奨投手とも互角の投球

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント