高校野球 注目選手の活躍(7月27日)

白根尚貴, 開星, 金井和衛, 高崎商

開星・白根尚貴選手は決勝の石見智翠館戦で今大会3本目、高校通算40本塁打となる140mの場外弾を放ち、投げても9回を6安打8奪三振で2失点に抑えて優勝に貢献した。今大会の打撃成績は21打数10安打10打点3本塁打。投球成績は36回を投げて21安打8失点、準決勝と決勝では18回で17三振を奪っている。

高崎商・金井和衛投手は決勝の健大高崎戦で4回までに10安打を浴びて7失点で降板、甲子園には届かなかった。

開星・野々村監督、汚名返上へ最後の夏帰ってくる!…島根大会 - スポーツ報知:2011/07/28

とどめを刺したのが大黒柱の白根尚貴(3年)だ。6回1死一、二塁から飛び出した左翼場外への推定120メートル弾は、自身今夏3本目、高校通算40号となった。右ひじ痛を抱えながらのマウンドでも、6安打2失点で2日連続の完投。「この2試合は痛いなんて気にならなかった。監督とまだ野球をできるのがうれしい」と186センチ、98キロの巨体を揺らした。


PAGE TOP