2017年ドラフト候補、高校生北海道編

宮澤晃汰, 高階成雲, 冨樫颯大, 福内将人, 伊藤遼馬, 鶴藤昇大, 佐藤大雅, 川村友斗, 鈴木大和, 井澤駿介

2017年のドラフト候補を紹介して行きます。まずは北海道の高校生。2016年は江陵の古谷優人投手が154キロを記録し、福岡ソフトバンクに2位指名されるなど注目された。今年はどんな選手がいるのか。

強豪校

秋の北海道大会を制しセンバツ出場が確実の札幌第一は、1番の宮澤晃汰選手が勝負強くアベレージを残せる打撃と遊撃手としての守備も評価される。また4番の高階成雲選手も準決勝決勝の2試合で9打数5安打5打点の活躍、力強いスイングを見せる。エースの冨樫颯大投手は140キロを記録する左腕投手で安定感があり、同じく左腕の前田剛志投手も球威十分。1年生の柴田颯選手はU15代表でMVPを獲得した選手で、3番サードでプレーしている。

道大会で惜しくも準優勝の札幌日大はエースの福内将人投手が182cmの本格派右腕、低めのコントロールが良く筋の良さを見せる。成長すれば道NO.1の投手となりそうだ。

稚内大谷は170cm左腕の正岡翔也投手が粘りの投球を見せる。遠軽には185cm87kgの左腕・伊藤遼馬投手と、182cm112kgの巨体の主砲・鶴藤昇大選手が存在感を見せる。

昨夏甲子園で準優勝した北海高校は2年生で4番を打った佐藤大雅捕手、5番を打った川村友斗選手は甲子園で2試合連続弾、長打力が注目される。また9番センターで出場した鈴木大和選手は決勝で作新の今井達也投手から2本のヒットを放つ。守備範囲の広さと足の早さも注目。

同じく夏の甲子園に出場したクラーク国際亜、6番センターで出場した金原瑶選手は活躍は見せられなかったが投げても135キロを記録する肩など身体能力の高い選手。

その他の逸材

現在道NO.1と評価されるのが札幌南の井澤駿介投手。179cmの右腕で秋の札幌支部大会で3試合連続完封、球速は130キロ台だがキレの良い速球とスライダーを見せる。同大会で札幌第一を相手に苦しみ、その壁を乗り越えられるか。

北海道栄の青柳翔太選手と釧路江南の松田彪瑠選手は共に2年時から主力として活躍し、松田選手は夏に4番で1試合2本塁打を放つ。函館大谷の小林真太郎捕手はセカンドまで1.9秒台の肩が光る。帯広柏葉の伊藤雄大選手は185cm87kgの左のスラッガー、

札幌工業の渡瀬貴紀投手は180cmから144キロを投げる投手とのこと、北星大付の町田大貴投手も140キロを投げる左腕投手、滝川西の秋山遼投手も141キロ右腕で球速は伸びそうだ。

2017年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト


PAGE TOP