2017年ドラフト候補、高校生北信越編

2017年のドラフト候補の紹介、今日は北信越の高校生編です。

2016年は

今年のドラフトでは敦賀気比の山崎颯一郎投手が1年時から注目され、オリックスにドラフト6位で指名されている。ただし、その他の選手は指名されずやや寂しかった。

注目選手

富山第一の森圭名投手は174cmとやや小柄だが最速146キロの速球を投げ、甲子園ではリリーフとして力投を見せた。遠投128mの肩の強さが光る。その森投手を上回る躍動感を見せたのが星稜の清水力斗投手、最速146キロのキレのある速球とスライダーが抜群で、ドラフト候補として注目され始めた。

その星稜には191cm92kgの寺西建投手がいる。甲子園では良い投球とはいかなかったが、持っているポテンシャルを見せてくれた。また打撃でも注目されており、プロ志望をすればどこかには指名されると思う。

強豪校

敦賀気比はセンス抜群の上中尾真季選手がいる。2年時よりバリバリのレギュラーとして活躍し、走攻守3拍子に素晴らしいセンスを見せた。吉田正尚選手のように大学進学という事もありそうだが、注目したい。

日本文理の4番捕手・川村啓真選手は抜群のバットのコンタクトを見せる。秋も富山第一の森投手から5打数3安打2打点を記録した。日本文理では1番の飯田涼太選手も俊足で強肩のセンターとして注目、投手の西村勇輝選手も183cmから140キロを投げる。寺杣直泰選手は調布シニア時代に清宮幸太郎選手と同じチームで主将を務めた。

高岡商の伏見拓真投手は189cmの長身右腕で、秋に完封勝利を挙げるなど期待が高まる。福井商の石本太一投手も140キロを投げる右腕でキレの良い球を投げ、松商学園の青柳真珠投手は183cmから145キロの速球を投げる投手で長野屈指の投手。

その他の注目選手

高岡高の山口正義投手は136キロのキレの良い球と変化球を投げる。日本航空石川の吉住大地投手は140キロを投げコントロール良い。氷見高校の杉下裕哉投手も142キロを投げる投手で、ノーヒットノーランを達成しそうな好投を見せた。金沢桜丘の長柄昂投手は184cmから130キロ半ばの速球を投げる。

加茂暁星高校の遠藤莞生選手は高い素質を持った選手。

2017年度-高校生-北信越のドラフト候補リスト


PAGE TOP