2017年ドラフト候補、高校生・九州編

畠中優大, 村上宗隆, 木本凌雅, 田中瑛斗, 梶原昂希, 藤谷勇介, 山口翔, 三浦銀二, 川端健斗, 古賀悠斗, 田浦文丸, 平良海馬

2017年のドラフト候補紹介、今日は高校生の最後、九州地方の高校生編です。

2016年は

秀岳館がセンバツ、夏の甲子園でともにベスト4に進出した。4番捕手の九鬼隆平選手は福岡ソフトバンクにドラフト3位で、松尾大河選手が横浜DeNAに同じく3位で指名された。その他では150キロを超す速球を投げた九産大九産の梅野雄吾投手が東京ヤクルトに3位で、山本由伸投手がオリックスの4位で、福岡大大濠の浜地真澄投手が阪神に4位で、佐世保工の野元浩輝投手が東北楽天の7位でそれぞれ指名された。

注目選手

熊本工業の山口翔投手は182cmから149キロの速球を投げ、高校生ではドラフト上位候補になりそうなトップクラスの投手。この秋の九州大会でもベスト4まで勝ち上がる力を見せた。センバツ出場は地域性が考慮される可能性もあるが、大会に出場すれば最も注目される投手となるだろう。

大分雄城台の梶原昂希選手は186cm80kgの左のスラッガーで、130mの特大弾を放ち、50m6.0秒の足とソフトボール投げ100mの強肩、素質的には全国トップクラスの外野手。

九州学院の村上宗隆選手は1年生春の九州大会から4番を任された左のスラッガーで、清宮、安田と比較されてきた187cm93kgの大型選手。神宮大会でホームランを放った二人に追いつく冬の伸びを期待したい。

強豪校

九州大会で優勝した福岡大大濠は、三浦銀二投手と古賀悠斗捕手が注目される。三浦投手は九州大会で3試合連続完封し、明治神宮大会でも明徳義塾を4安打完封、低めの制球と実力は本物。線がまだ細く体も大きくないため、すぐにプロ入りというかはわからないが、今年を代表する投手の一人だろう。古賀捕手も174cmの捕手で体は大きくないが、丁寧なスローイングとともに通算41本塁打の打撃があり、明治神宮大会でも一発を放った。こちらはドラフトの指名があってもおかしくない。

秀岳館は昨年からレギュラーとして甲子園でも活躍を見せた木本凌雅選手が強肩強打の外野手としてプロも注目をしている。川端健斗投手は174cmの左腕で143キロの速球を武器に、鵬翔戦で14奪三振、エースの田浦文丸投手も170cmの左腕で、143キロを投げる。

柳ヶ浦の田中瑛斗投手は182cmの右腕、線がまだ細いものの140キロ中盤の球速があるようで期待したい。延岡学園の藤谷勇介投手も183cmの本格派右腕で143キロの球を投げる。樟南の畠中優大投手は甲子園の実績もある180cmの左腕投手。長崎・海星の永石拓武選手は今年センバツで活躍を見せた強打者。

沖縄では興南の川満大翔投手が177cmの左腕で130キロ後半を記録する。八重山商高の平良海馬投手は173cmだが145キロの速球があり長打力も評価されている。沖縄尚学の砂川リチャード選手は185cm104kgの右のスラッガー。

その他の注目選手

大分東の日名子大樹投手は今年の夏にリリーフで登板し137キロを記録、大分南の森崎達也投手も明豊中で全国大会準優勝、139キロの速球を投げる。佐土原の塩見章人投手も140キロを記録するという。那覇高の今嶺義成投手は186cm80kgの大型右腕。

福岡県の公立で光陵高校の有田光輝選手は投手として135キロを投げ、捕手としてもフットワークの良さを見せるという。波佐見の山口裕聖捕手も強肩強打の捕手、小林高校の毛利球児選手は189cm90kgの大型左のスラッガー、29本塁打を放っており、足などもあるようだ。

2017年度-高校生-九州のドラフト候補リスト


PAGE TOP