東北の高校生ドラフト候補、鶴岡東・吉住晴斗投手など逸材そろう

吉住晴斗, 鶴岡東

日刊スポーツの東北版では昨日、東北地方のドラフト候補特集を行った模様で、高校生では鶴岡東・吉住晴斗投手がなどを取り上げている。

高校のうちに150キロ

鶴岡東の吉住投手は、185cm82kgの大型右腕で球速は146キロを記録している。本格派右腕として東北屈指の逸材として名前が挙がっている。その吉住投手は「高校のうちに150キロを出したい。直球で勝負できるのをどんどん見てもらって、プロに行きたい」と話し、今年の目標を150キロ越えとプロ入りとしている。

そしてこの冬は筋力強化をし、背筋が160kgから210kgまで上昇した。またスライダーとチェンジアップを習得し、投球の幅を広げている。

鶴岡東は2年連続で甲子園に出場をしている。しかし昨夏の甲子園では初戦でいなべ総合に敗れている。吉住投手は8回から登板し1回をノーヒット三者凡退に打ち取ったが、「甲子園では1イニングしか投げてないので、勝ってもっと投げたい。」と話した。そして「今年も甲子園に行くのがプロへの近道」と話し、改めてプロへの思いを話した。

高校生では八戸工大一の古屋敷匠真投手が同じく146キロを記録して注目されており、昨夏の甲子園で活躍した大曲工の藤井黎來投手も注目される。東北右腕BIG3か。また左腕では弘前東の鳥谷部慎吾投手が144キロでキレの良い球を投げ注目される。

野手ではセンバツに出場する盛岡大付の植田拓選手が身長は小柄だが高校通算40本に迫るホームランと、50m5.9秒の足などがあり高い身体能力と長打力を見せる。

2017年度-東北のドラフト候補リスト

山形県内の高校からは5年連続で高卒でプロ入りしており「高校のうちに150キロを出したい。直球で勝負できるのをどんどん見てもらって、プロに行きたい」と意気込む。


PAGE TOP