盛岡大付・平松竜也投手が145キロ、植田拓選手は3安打2打点

盛岡大付, 高岡商, 植田拓, 平松竜也, 伏見拓真

盛岡大付は高岡商に10-9でサヨナラ勝ちした。盛岡大付で2番手で登板した平松竜也投手は最速145キロを記録、ヤクルト・小川SDは「フォームは荒削り」と話した。プロ注目の植田拓選手は強い打球の2ベースヒットを2本、3安打2打点の活躍を見せた。

145キロ

平松投手は183cm83kgの大型投手で、沈み込みの大きなフォームから左手を大きく使って勢いをつける。これまでは最速144キロだったと思うが、この日145キロを記録した。

6回2/3を投げて6安打6奪三振3失点、イニングが長くなった試合後半は球速がやや落ち、そうなると強打の高岡商打線に捉えられてしまった。視察した東京ヤクルトの小川SDは「1メートル83、83キロと体格は良かったが、投球フォームは荒削り。まだこれからという印象だった。」と話す。それでも延長10回に141キロをも記録し、力は十分ある投手で素質は十分。

一方、植田拓選手選手は打ち取られる打席でも強い打球を放ち、インコースもアウトコースも持っていけるリストの強さがある。スイングスピードも速く、十分ドラフト指名候補に入ってくる選手だと思う。

189cm右腕

敗れた高岡商はどのバッターも振りが鋭く、強打の盛岡大付に負けていなかった。この1年は北信越を席巻する打線だと思う。

9回に登板した189cmの伏見拓真投手は、球速は130キロ台前半から中盤だが角度があり回転の良いストレートは非常に楽しみだと感じた。フォームをもっと大きくしたいし、球速も130キロ後半までは持ってきてほしい投手だが、今後の成長に期待したい。

2017年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

盛岡大付属高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

高岡商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017センバツ高校野球、組合せと注目選手一覧

最速145キロをマークした盛岡大付の右腕、平松は高岡商戦で初めて見た。1メートル83、83キロと体格は良かったが、投球フォームは荒削り。まだこれからという印象だった。

エースで主将の土合(どあい)伸之輔(3年)が、9回に緊急降板するアクシデントに見舞われた。「9回の初球を投げた時に左手首がつって指も動かなくなった」。気温は12度だったが、軽度の熱中症になった。マウンドを引き継いだ伏見は「土合に勝つ姿を見せてあげたかった。10回は力が入り過ぎてしまった」と悔やんだが、土合は「いいよ。気にすんなよ」と笑顔で盟友の力投をねぎらった。


PAGE TOP