前橋育英、3人の140キロ超リレーで勝利、東京ヤクルトSDが評価

前橋育英, 根岸崇裕, 皆川喬涼, 丸山和郁

前橋育英は先発の丸山和郁投手が最速144キロを記録、その後、皆川喬涼投手、根岸崇裕投手も141キロを記録した。

全体的にセンス

丸山和郁投手投手は2回、自己最速と1キロ更新する144キロを記録した。170cm69kgなのだが細く見えない投手でしっかりと安定した下半身があり、フォームもバランスが良く、それほど力を入れてないように見えても130キロ後半を記録する。5回0/3を投げて3安打6奪三振と、伸びのある球があり、変化球のコントロールもできていた。

視察した東京ヤクルトの小川SDは「1メートル70、69キロと小柄だが、体をめいっぱい使って腕を振り、最速144キロの切れのある直球を中心に6三振を奪った。安定した投球だった。身体能力は高い。さらに変化球の質や切れが加われば楽しみだ。」と評価した。

また丸山選手は1番として出場している。この日は4打数1安打1打点だったが、50m5.9秒の足を見せ、小川SDも「一塁まで走るスピードを確認できた。打撃にも、センスを感じた。」と話し、野手としての可能性も確認していた。

140キロトリオ

6回途中からは2番手として皆川喬涼投手がマウンドに上がる。2回を投げて1安打2奪三振無失点に抑えた。球速は最速141キロを記録、真っすぐは大体130キロ中盤から後半を記録した。しかし変化球は緩く、背番号8で主にセンターでプレーしており、フォームも投手というよりは野手の投げ方に感じた。

また8回からは根岸崇裕投手が登板した。根岸投手は190cmでがっしりした体があり、ストレートは140キロ前後を記録、最速は141キロだった。ただし変化球が得意なのか、カーブ、チェンジアップなど、変化球の割合が多かった。それでもやはり大きさと楽に140キロを投げてくる力は魅力十分。

前橋育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

身体能力は高い。さらに変化球の質や切れが加われば楽しみだ。甲子園に出場する投手では珍しい打順の「1番」。4打数1安打1打点で2三振と、結果はそれほどではなかったが、一塁まで走るスピードを確認できた。打撃にも、センスを感じた。

昨秋のエース・吉沢が5日に足首を負傷してメンバー外に。中堅手兼リリーフだった丸山が背番号1を任された。「吉沢の分まで」と、慣れない先発で初回から飛ばし、4者連続を含む6奪三振。左足をつって六回に降板したが、自己最速を更新する144キロを計測した直球で中村打線をねじ伏せた。


PAGE TOP