履正社・安田尚憲選手が50号本塁打、千葉ロッテ、阪神が評価

履正社高, 安田尚憲

履正社・安田尚憲選手に待望の一発が飛び出し、チームも6-4で勝利し決勝に勝ち進んだ。完璧な当たりのホームランに、千葉ロッテ、阪神の球団関係者が高い評価をした。

50号本塁打

安田尚憲選手はこの日の第1打席、プロも注目する西垣雅矢投手のインコースよりの真っすぐをコンパクトにバットを振りぬくと、打球はライトスタンドに飛び込んだ。「小さい頃からイメージした場所で、イメージしていた本塁打を打てた」と本人も小さくガッツポーズを繰り返す会心の当たりだった。

安田選手は今大会、1回戦の日大三戦で櫻井周斗投手に3三振を喫し4打数1安打、2回戦の呉戦も池田投手に苦しみ3打数ノーヒットだった。しかし準々決勝も盛岡大付戦では3安打を記録、センター方向を中心に鋭い打球を見せ、この日のホームランにつながった。この日は第3打席もヒットを放つと、この他の3打席は四球を選び、2打数2安打1打点だった。

プロも評価

遂に飛び出した50号、この日視察した千葉ロッテの林球団本部長は「いいホームランでした。高校生離れした体でスイング、構えがどっしりとしている。素材そのものも素晴らしく清宮君に匹敵する能力の高いバッター。」と話した。そしてドラフト1位候補かと聞かれると「清宮君も含めて最後に絞らないといけませんね」と話し、1位候補に入っていることを話した。

また阪神の畑山チーフスカウトは、清宮選手、安田選手に密着マークをしているが、「甲子園では1号だが、神宮でも打っており、大舞台で打てたことは自信になるだろう」と話した。安田選手は明治神宮大会決勝の早稲田実戦でもホームランを放っている。大舞台のしかも準決勝や決勝でホームランを打つ勝負強さも評価していた。

ドラフト会議までは清宮選手と比較され続ける事になる安田選手、まずは今年、甲子園での一発で先制した。秋までの二人に注目したい。

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

高校通算50号と待望の甲子園初アーチがついに飛び出した。初回2死、怪力で内角直球を完璧に捉えた。前夜の夕食後、報徳のエース・西垣雅矢をイメージしてバットを振った。低めを捨て、浮いた球を狙う―。舞台は甲子園。「小さい頃からイメージした場所で、イメージしていた本塁打を打てた」右翼席に打球が飛び込むのを確認し、「新世紀のゴジラ」は夢が実現した喜びをかみしめた。

履正社・安田について阪神・畑山チーフスカウト「甲子園では1号だが、神宮(明治神宮大会)でも打っており、大舞台で打てたことは自信になるだろう」

素材素晴らしい ロッテ林球団本部長 日刊スポーツ紙面 2017/3/31

PAGE TOP