武南・布川雄大投手が146キロ、広島、阪神など8球団スカウトが視察

高校野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

春季高校野球埼玉大会では、武南高校の187cm右腕・布川雄大投手が146キロを記録し、視察した8球団のスカウトも注目した。

地区予選で7回15奪三振

布川雄大投手は187cm85kgの右腕で、最速は143キロを記録していた。今大会の地区予選・大宮工戦で7回15奪三振の快投を演じていたが、この日は最速146キロを記録した速球で9回4安打6奪三振1失点の好投を見せた。

常時では130キロ台が多いものの、要所で140キロの力のある球を見せた。

この日は8球団のスカウトが視察、阪神の平塚スカウトは「ボールの角度がいい」と話すと、広島・尾形スカウトも「前でボールが離せる。球持ちがいい」と評価した。

将来性を感じさせる大型右腕の登場で、スカウトも喜びを感じる瞬間だろう。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2017年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト

自己最速を3キロ上回る146キロも計測した。変化球に課題は残すものの、8球団のスカウト陣の前で好投。阪神・平塚スカウトが「ボールの角度がいい」と話せば、広島・尾形スカウトも「前でボールが離せる。球持ちがいい」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント