佐渡高・菊地大稀投手が6安打8奪三振完封、複数球団スカウト視察

菊地大稀, 佐渡高

先日、8球団のスカウトが視察に訪れて話題となった佐渡高の185cm右腕・菊地大稀投手が、3回戦の北越戦で完封勝利した。この日も複数球団のスカウトが訪れた。

143キロ速球で8奪三振

185cmの本格派右腕・菊地大稀投手は、この日の北越高校戦で最速143キロの速球を軸に8つの三振を奪った。6安打を許しランナーを背負いながらの投球が多く、127球を投げたものの、粘りの投球で完封した。9回6安打8奪三振無失点という内容だった。

ものすごい球で抑えていくというよりは、粘り強く投げるタイプで、「点を取らせない。」投球を考えているという。

この日も複数球団のプロのスカウトが視察に訪れたという。185cmから143キロの球を投げるが、プロ入り後、これが140キロ後半に伸びて、その球で空振りを奪える投手になるか、どのように成長していくのかをスカウトは思い描き注目をしていることだろう。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2017年度-高校生-新潟県のドラフト候補リスト

この日もプロ数球団のスカウトがネット裏に陣取った。その前で最速143キロの直球を軸に8個の三振を奪ってみせた。


PAGE TOP