春季高校野球関東大会1日目の結果と選手の活躍

増田珠, 根岸崇裕, 丸山和郁, 小野大夏, 森下翔太

春季高校野球が開幕し、健大高崎、前橋育英、横浜、東海大相模が勝利した。

健大高崎7-1石岡一

健大高崎は145キロ右腕の小野大夏投手が先発すると、石岡一打線を4回までノーヒット、5回に内野安打を許したものの6回1安打無失点の好投を見せた。センバツでは力強いストレートを見せたが、「センバツで変化球が通用しなかったので、甲子園後は直球より変化球を練習してきていた。ツーシームでうまく内野ゴロを打たせられた」と話し、投球の幅を広げての安定した投球だった。

健康福祉大高崎高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

前橋育英1-0駿台甲府

前橋育英は190cmの根岸崇裕投手が先発し、テンポの良い投球で8回2アウトまでを無失点に抑えた。1,2塁のピンチとなったところで丸山和郁投手が登板すると、そのピンチを抑え、延長10回タイブレークも無失点に抑えた。

駿台甲府は2年生の杉田俊介投手が6回4安打無失点と、甲子園出場チームを抑え込んだ。また7回からは同じく2年生の左腕・荘司宏太投手が登板し、こちらも9回までの3イニングを1安打無失点に抑えた。タイブレークとなった10回に犠牲フライでサヨナラで敗れたものの、堂々の投球だった。

前橋育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

駿台甲府高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

横浜10-0土浦湖北

横浜は初回に2年生・長南有航選手の先頭打者ホームラン、その後も着実に加点し、7回に10点差をつけてコールド勝利。プロ注目の4番・増田珠選手は3打数1安打、第3打席ではめったに見られない空振り三振をした。

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東海大相模14-2千葉敬愛

東海大相模は注目の2年生・森下翔太選手が4番を打ち、4安打2打点の活躍を見せた。

東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

春季高校野球関東大会の対戦カードと注目選手


PAGE TOP