八戸工大一・古屋敷匠真投手に巨人・岡崎スカウト部長「2,3度見たい」

古屋敷匠真, 八戸工大一

八戸工大一の152キロ右腕・古屋敷匠真投手には巨人の岡崎スカウト部長が「これから2,3度見たい選手」と評価をしている。

速球派の先輩を見て

古屋敷匠真投手は「工大一に来て本当に良かった」と話す。高校1年で144キロを記録した古屋敷投手は、チームの先輩で千葉ロッテに指名された種市篤暉投手や、法政大に進んだ内沢航大投手などの速球派の先輩と共に、長谷川監督が魅力と話すストレートの速さを追求した。球速のこだわりもあり、158キロを目標にしている。

しかし古屋敷投手は先輩の球を見て、「速さより質が大事」と球速だけでなく、回転の良い球を投げるために階段ダッシュなど下半身強化メニューを続けている。また変化球も高校1年時はほとんど投げられなかったが、長谷川監督から投げ方を教わり2種類のスライダーやツーシームなど多くの球種を投げるようになった。

春から初夏にかけて球速も150キロ、そして152キロと伸ばしている。夏の青森大会では158キロを目指し、そして「監督さんとチームメートと一緒に甲子園に行って、最後は笑って終わりたい」と話した。

既に2ケタに近い球団が注目をしている古屋敷選手だが、この夏のピッチング、そして甲子園で150キロの球を見せれば、評価は急騰する可能性がある。

八戸工大一高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

「速さより質」を重視する150キロ右腕 スポーツ報知紙面 2017/7/4

PAGE TOP