東北地区大学野球選手権、東北福祉大が大逆転優勝

東北福祉大, 楠本泰史, 菊名裕貴

東北の3リーグの代表が戦う東北地区大学野球選手権、決勝戦は東北福祉大vs富士大の対戦となり、タイブレークの末、10-9で東北福祉大が優勝した。一時は7点差をつけられコールド負け寸前からの大逆転だった。

7回7点差

序盤は富士大に圧倒され、0-7と7点差をつけられた。コールド負け寸前となった7回に3点を奪い返すと、8回には6安打を集めて5点を奪い逆転した。その後、同点に追いつかれ延長戦に入るも、11回タイブレークで勝ち越し優勝した。

楠本泰史選手は、8回に同点に追いつく2ベースヒットなど4安打3打点の活躍だった。楠本選手は今大会で16打数9安打7打点と大活躍を見せた。東北福祉大は大学野球選手権に出場するも初戦で敗退し、チームのミーティングで「公式戦はもう1敗もしない」と誓ったという。

この大会で東北福祉大は下級生中心のメンバーで出場し、4年生は楠本選手と菊名裕貴選手の二人だけだった。4年生のなかには卒業に向けてチームを離れる選手もいるが、楠本選手は「1試合1試合にかける思いは少なからず、ある。1人でも多く、一緒にプレーしたいと思っていた」と話していた。

この大会で優勝し、秋の明治神宮大会出場に向けた東北地区代表決定戦への出場が決定した。少しでも長く大学で一緒に野球をするために、楠本選手は自らのバットで切り拓いていく。

東北福祉大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

7点差に広げられた直後の7回のベンチでは、主将の菊名が「1点ずつ返していこう」と声を張り上げていた。この回4安打を集めコールド負けを阻止すると、8回には6安打で5点を奪って一時逆転した。

決勝は菊名が6打数4安打1打点、楠本が6打数4安打3打点と活躍。大会を通じ、楠本は計16打数9安打7打点と結果を残した。


PAGE TOP