盛岡大付・植田選手や明徳義塾・西浦選手など、甲子園大会2日目の選手の活躍

西浦颯大, 植田拓, 根岸崇裕, 青柳真珠, 吉沢悠, 皆川喬涼, 鈴木琉生, 鈴木萌斗, 平松竜也, 舟生大地, 吉松塁, 市川悠太

甲子園大会2日目の選手の活躍や注目した選手などをまとめます。

作新学院vs盛岡大付

作新学院の鈴木萌斗選手は、3打数1安打、得意の足を見せる場面が無かった。昨年夏の甲子園から素質の良さは十分見せておりプロも注目していたが、大学進学を表明している。

盛岡大付は植田拓選手が打席では満振りをのスイングを見せた。初回は当たりそこないの内野ゴロだが50m5秒台の足で内野安打にした。8回は痛烈に三遊間を抜けるヒットを見せた。いずれホームランは出そうだ。平松竜也投手はとにかくパワーピッチャー、よいしょという感じで力を込めて投げるタイプで、大学などで投手らしい投手になってほしい。

松商学園vs土浦日大

松商学園の青柳真珠投手は、球速は130キロ中盤から140キロ前半という感じだが、得意のスプリットを駆使し、9回を6安打11奪三振3失点(自責点1)という内容だった。ストレートの伸びもあり、183cmと身長もある投手で今後が楽しみ。

前橋育英vs山梨学院

山梨学院の吉松塁投手はインコースへのコントロールもよく伸びもあり、130キロ中盤も記録していたが、2回2/3で6安打を浴び6失点と苦いマウンドとなった。「自分の力を出し切れなかった」と話した。左の好投手なので今後成長すれば楽しみ。

前橋育英の皆川喬涼投手はストレートは147キロを記録し、高めの速球に威力があったが、変化球やコントロールにはまだまだ課題があり成長途中の投手。素質は十分なのでドラフト下位くらいで指名して育てたい。

吉沢悠投手はスライダーが良いキレを見せ、142キロを記録したストレートは伸びてくる感じ。体が小さく線が細いが、投手として続けるならもっと体を作っていけそうだ。

根岸崇裕投手は192cmの長身から角度のある球を投げ、投げ下ろす感じで140キロを超えてくる。最速も144キロを記録しプロでもやっていけそうな雰囲気を見せている。阪神の秋山投手のような感じになっていければよい。

明徳義塾vs日大山形

明徳義塾の西浦颯大選手は打席での雰囲気があり、見逃し方なども様になっている感じ。センター前ヒットとショートへの内野安打で足も見せ、6打数2安打まずまずの初戦となった。6回からリリーフした2年生の市川悠太投手は、力強い球を投げるタイプのサイドスローで力でバットを押し込んだ。延長12回までの7回を投げて5安打2奪三振2四球で無失点、安定感ば抜群。

舟生大地選手に対して明徳義塾の攻めは厳しかった。インコース攻めを徹底し四死球を与えてもOKという感じ、結局4打数ノーヒットに抑えられ、厳しさを味わった。それでも体が大きくこちらも雰囲気のある選手で将来が楽しみ。1番の鈴木琉生選手は5打数2安打に守備でも強肩を見せた。大型外野手として注目したい。

夏の甲子園2017、第2日目の組み合わせと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page


PAGE TOP