花咲徳栄・西川愛也選手がプロ一本で強い思い

花咲徳栄, 西川愛也

愛媛国体に出場する花咲徳栄、プロ志望届をすでに提出している西川愛也選手は、プロ入りへの強い思いを口にした。

プロ一本で考えている

花咲徳栄からは、西川愛也選手、綱脇慧投手、清水達也投手がプロ志望届を提出している。この日、愛媛国体に出場予定だった花咲徳栄は、雨のために延期となり室内練習場で軽い練習を行った。

そして西川選手はドラフト会議について「自分はプロ一本で考えている。」と話し、順位縛りなどがなく、ドラフト何位でもプロ入りする考えを見せた。そして「全員でプロへいけたらいいと話している」と話した。

話の内容を考えると、清水投手、綱脇投手は、何位までに指名されなければ大学、または社会人に進むという順位縛りがあるのかもしれない。順位縛りがある場合、能力が高く評価されているものの、その順位までに指名できなければ指名回避をされる事になる。順位縛りに決まったルールなどはないが、昨年のドラフト会議で北海道日本ハムが6位で指名した履正社の山口裕次郎投手は、プロ志望届を提出していたものの、順位縛りがあったために入団を拒否しJR東日本へ進んだ。

巧打と長打力、そして足のある選手、ただし左の外野手は他のポジションからも選手が回ってくるため、需要よりも供給が多いポジション、かなりの能力がないと指名をしづらいポジションとなる。プロ球団がどのくらいの評価で何位で指名をしてくるか注目したい。

2017年高校生プロ志望届提出選手一覧
花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

高校野球硬式で、花咲徳栄(埼玉)は夏の甲子園大会に続く優勝を狙う。3番を打つ西川はチームメートの清水や綱脇とともにプロ志望届を提出済み。左の好打者は「自分はプロ一本で考えている。全員でプロへ行けたらいいと話している」と強い決意を示した。

すでにプロ志望届を提出している西川は「木製バットで練習をしています。(ドラフトは)人生にかかわってくるんで緊張すると思います。プロ一本です」と話した。


PAGE TOP