東京ヤクルト・小川SD兼監督が、清宮幸太郎選手の1位指名明言

清宮幸太郎, 早稲田実

東京ヤクルトで新監督に就任した小川SDは、早稲田実の清宮幸太郎選手の1位指名を明言した。

1位で行くと思う

新監督に就任した小川氏だが、年内はSDとしてフロントとしてチーム編成の中心を担う。その中で今年1年間見続けてきた清宮幸太郎選手について、「1位指名、たぶん行きますよ」と話し、ドラフト1位指名を明言した。

今後、スカウト会議などで正式に決定するものの、衣笠球団社長兼オーナー代行も清宮選手について「彼の実績はけた外れ。動員力も素晴らしい」「清宮君には神宮球場が合う」と高い評価をしており、代表とSDが清宮選手を推している事から1位指名は確実とみられる。1位指名が明らかになったのは阪神に続いて2球団目。

清宮選手が獲得できれば、新しい4番候補として清宮選手を中心にチーム作りが進められる。バレンティン選手が退団する可能性もあり、大砲の獲得は必要で、小川氏はSDとして最後の大仕事をし、監督として現場を預かる来年の自分に大きなプレゼントとしたい。

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

兼任するSDの立場での発言と前置きし「1位でいくと思う」ときっぱり。「くじは誰が引くとかはまだ早い」と続けたが、10年にはオリックスと競合した山田を引き当てた小川新監督が再び引く可能性もある。


PAGE TOP