2018年ドラフト候補、高校生中国編

平田昂大, 引地秀一郎, 畑村政輝, 森悠祐, 門叶直己

2018年のドラフト候補を紹介してゆきます。今日は中国地方の高校生選手。

2017年は

広陵の中村奨成選手が甲子園で6本塁打を放ち、またもともと強肩と足のある捕手として注目され、ドラフト会議では広島・中日が1位指名し、広島に入団することが決定した。

また、創志学園の難波侑平選手が日本ハムのドラフト4位で指名されている。

注目選手

今年も注目選手がいる。岡山・倉敷商の引地秀一郎投手は、1年時から146キロを記録して注目されていた投手で、今は151キロを記録している。球速では来年の高校生のトップクラスなのは間違いない。しかし制球はまだ荒れており、四死球の数も多い。バットに当たって詰まらせる打球が多いもののストライクを取りに行くとヒットになる。まだ空振りを奪える球ではなく球数も多くなる。課題もあるが、それでも股の力と体の大きさがあり素質は大変魅力的。

またこの秋に大いに注目されたのが、瀬戸内の門叶直己選手。中国大会の米子松蔭戦で1試合4本塁打を記録、場外弾、バックスクリーン弾、特大弾ととにかく飛距離が出ており、センバツで活躍を見せれば、来年はやや少ないスラッガータイプの選手として注目されそうだ。

その他の選手

広陵の森悠祐投手は夏の甲子園で最速147キロを記録、まだ投球イニングは短かったものの常時140キロを記録し、角度のある球を見せた。

早鞆の畑村政輝投手は1年時に144キロを記録し期待された投手、威力ある速球を投げ、また打撃でも主軸を任される。広島新庄の平田昂大投手も1年時に145キロを投げて注目された。この冬の成長に期待したい。

その他、鳥取城北の松川雄哉投手、開星の181cm左腕・加納智也投手、下関国際の鶴田克樹投手は身長があり球威も135キロから140キロ前半の球を投げてくる。鶴田選手は185cm93kgの大型選手で打撃のパワーでも注目される。

関西高の福井旦選手はショートからの強肩が魅力だったが、推定飛距離130m弾をお放つなど172cmと小柄だが身体能力とパワーがある選手。呉商業の免田航汰捕手はセカンドへの送球が魅力の捕手。

2018年度-高校生-中国のドラフト候補リスト


PAGE TOP