センバツ第9日目の対戦カードと注目選手

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

2018年センバツ大会、第9日目の対戦カードと注目選手です。聖光学院vs東海大相模、国学院栃木vs延岡学園、明秀日立vs高知高です。

9日目

第1試合

明秀日立高校
増田陸3年
178cm79kg 右右
 大阪福島シニア時代にショートとして注目され、高校では金沢監督の指導でフルスイングしての長打力を身につけて注目されるようになった。
野球センス抜群の選手。
B+
池田陵人3年
178cm75kg 右右
 長打力のある打者でチームの主軸を打ち高い打率と長打力を見せる。B
上野雄大3年
187cm77kg 右右
 187cmの大型右腕、高校2年秋ではまだ135キロだが、140キロまで到達してくれば注目される。
2年秋の関東大会決勝では先発も経験、成長を期待したい。
B
北野凱士3年
172cm66kg 右左
 明秀日立の2番バッター、抜群の足があり、また遠投も125mとアスリートとして能力高い。
2年秋は36打数16安打4盗塁
走塁と外野からの返球を見たい。
B
芳賀大成3年
170cm74kg 右左
 1年生ながら5番先発。本塁打も放てるラッキーボーイ。
ポスト細川ナンバーワン候補。これからが楽しみな名選手です。
B
細川拓哉3年
175cm74kg 右右
 最速144キロの速球を投げ、粘りの投球もできる。
力のある打撃も注目される。兄は2016年DeNAドラフト5位の細川成也選手。「弟と言われるのは嫌ではないけど、自分で紹介されたい」と話す。
B
長尾巧3年
171cm67kg 右右
 サイドハンドから130キロ後半を記録する。
さらに球速が付けば楽しみ。
B-
大阪桐蔭高校
山田優太2年
178cm80kg 左
 とにかく全てが規格外のばけもんA
中田唯斗2年
178cm78kg 右右
 U15日本代表として世界大会で活躍。
中学3年生で既にMAX142kmのストレートを投げる。
B+
植田太陽2年
176cm74kg 右左
 U15日本代表として世界大会で活躍、強打者が多い大阪桐蔭での活躍に期待。B
根尾昂3年
178cm75kg 右左
 鋭い腕の振りでスピンが利いていて威力がある球を投げる能力が高いピッチャー
打撃でもフルスイングから鋭い打球を左右に飛ばす。
守備でもショートを守ったり、強肩や足を生かすため外野を守る。
特A
藤原恭大3年
182cm76kg 右左
 オール枚方の核爆弾
打っては柳田を彷彿するスイングから場外を連発
投げては140キロ⚾
練習試合でもホームランを打って核の違いを見せつけた。
先輩海部大斗に並ぶ天才
特A
柿木蓮3年
178cm78kg 右右
 1年生で144キロ記録し球速十分
コントロールに課題もそれなりに抑える力がある。
A
青地斗舞3年
172cm68kg 左左
 秋季大阪大会でホームランを打った
根尾の後ろでホームラン打点を稼げる
代打起用もいいかもしれない
これからの活躍に期待したい
B+
宮崎仁斗3年
170cm68kg 右右
 ボーイズ日本代表のキャプテン、大阪桐蔭入学後は主に外野手として活躍。B+
山田健太3年
183cm 右右
 中日本選抜の5番として世界大会優勝。このときのキャプテンで3番は根尾昴で4番は敦賀気比に進学した杉森圭輔捕手。 思い切りのよいスイングとリストの強さで打球は外野手の頭を越していく。 2年生になりB+
横川凱3年
187cm70kg 左左
 角度と勢いがあるボールを投げるポテンシャルが高いピッチャーB+
青木大地3年
180cm78kg 右左
 バッティングセンスはピカイチ。今後身体も大きくなら本塁打も量産されると期待する。B
井坂太一3年
178cm75kg 右左
 大阪桐蔭のおかわり君になれる体格
中学時代からホームラン連発
根尾に代わり4番になる日もあるかもしれない
これからの活躍に期待したい
とにかく頑張ってほしい
B
奥田一聖3年
179cm75kg 右右
 175cm75kgのバランス取れた体格で期待の選手、大阪桐蔭は選手層が厚くまだ公式戦の出場はないが今後の活躍に期待。B
小泉航平3年
179cm73kg 右右
 2年までは有力な先輩がいたため出場は少なかったが、秋に主力となり力を見せ始め、プロも注目するようになった。B
小谷優宇3年
172cm68kg 右右
 体幹がしっかりしていて馬力があり力強いスイングから鋭い打球を放つ強打者でピッチャーとしても馬力をいかして力強い腕のふりからから勢いがあるボールを投げるポテンシャルが高い選手です。B
中川卓也3年
174cm71kg 右左
 野球センス抜群で能力が高い好打者で投手としてもキレが良い球を投げる!B

 

第2試合

花巻東高校
西舘勇陽2年
182cm71kg 右右
 花巻東高校野球部に1年の夏から背番号17をつけてベンチ入りしており、秋の県大会で最速140キロをマークした注目のピッチャー。
変化球は、スライダー、カーブなど多彩。
B+
藤倉清斗3年
181cm 左左
 期待の大型左腕!B+
阿部剛士3年
173cm70kg 右右
 花巻東NO.1の快足、2年秋は3番を任されて打率.463を記録した。B
紺野留斗3年
180cm83kg 右右
 俊足強肩 強打 スイングスピード抜群の楽天Jr出身B
瀬戸雄貴3年
175cm73kg 右左
 2年秋は背番号15で3打数のみの出場だったが、チームトップクラスの足の速さを見せ、1番バッター候補として期待される。B-
彦根東高校
増居翔太3年
171cm64kg
左左
 137キロを投げるが、球速以上の球の伸びを感じさせる投手
2年春の近畿大会では大阪桐蔭戦で8回から登板したが2失点し逆転負けを喫した。
その悔しさをバネに、夏の大会は決勝の近江戦で1失点完投勝利し、甲子園出場を決めた。
B
朝日晴人3年
170cm66kg
右右
 草津シニア出身 2年夏の甲子園にセカンドのレギュラーで出場、秋は打率.478を記録B-
原功征3年
左左
 制球力の高い技巧派左 ゴロを打たせて取る投手で、2年夏の甲子園では青森山田戦に先発した。B-

 

第3試合

三重高校
山本大雅3年
176cm75kg 右右
 切れのある速球とスライダー、カーブ等B+
定本拓真3年
182cm85kg 右左
 しっかりとした身体から140キロの重い球を投げる本格派。B+
梶田 蓮3年
170cm65kg
右左
 抜群の俊足があり、広角に打ち分けるバットコントロールもある。B-
浦口 輝3年
174cm67kg
右左
 50mを6.0秒で走る足があり、主に2番バッターとして活躍する。B-
乙訓高校
川畑大地3年
173cm63kg 右右
 最速142キロの速球を投げる投手。
2年秋は京都大会決勝で京都翔英を2点に抑えて完投、しかし近畿大会の準決勝・智弁和歌山戦では1点リードの9回ノーアウトから連続四球を与えて逆転サヨナラで敗れ悔しさを
B
富山大樹3年
180cm80kg
左左
 身長のある左腕で、スリークォーターから138キロの速球を投げる。
2年秋の近畿大会では、神港学園戦で7回3安打1失点、智弁学園戦でも7回3失点と好投した。
B
宮田康弘3年
174cm68kg
右右
 体はそれほど大きくないが、2年秋は公式戦で3本塁打、打率も.486を記録した。B-

 

第4試合

近江高校
有馬 諒3年
181cm77kg
右右
1年秋の時点でプロのスカウトが注目する強肩とインサイドワークの良い捕手。 先輩投手の特長を掴み、監督にも意見をするなど自信を伴ったプレーをする。B+
北村恵吾3年
180cm85kg 右右
 1年生夏の滋賀大会3回戦から4番に座り、いきなり満塁弾など7打点の活躍。その後、2年秋までに通算20本塁打を記録した。B+
金城登耶3年
171cm66kg
左左
 ダイナミックなフォームからキレの良いスライダーを投げ、チェンジアップとテンポの良さで勝負をするサウスポー。 肩の強さと俊足で、身体能力が高い。B-
中尾雄斗3年
170cm60kg 右左
 高い守備力を持つ。
打撃では下ながら上位打線を打つ
B-
瀬川将季3年
172cm68kg
右左
 俊足でセンターとして広い守備範囲を見せる。外野の守備の要。B-
星稜高校
奥川恭伸2年
181cm78kg 右右
 最速146キロのストレートとスライダーが武器の投手
安定感があり北信越大会では奪三振11.25
与四球率0.9と制球力もある
A
東海林航介
2年
180cm72kg
右左
180cmの遊撃手で、50m5.9秒の足がある。 1年秋にはレギュラー遊撃手 
山瀬慎之助
2年 右右
176cm83kg
中学時代に奥川投手とバッテリーを組み、全中で優勝した。 遠投120mの強肩で座ったままからの送球なども見せる鬼肩。B+
井出翔楽3年
173cm68kg 右左
 平成の牛若丸。二遊間を一人で守るとも評される。B
竹谷理央3年
173cm78kg 右左
 星稜高校の4番で投手、身長は低いが投げっぷりの良さをマウンドで見せ、守備力も高い投手。
打っても投球に柔軟に対応でき、広角にヒットを打てる。
B
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント