センバツでプロ注目した彦根東・増居翔太投手、将来もプロ野球を目指さず

増居翔太, 彦根東

センバツ大会で花巻東を9回までノーヒットノーランに抑えるなど、プロのスカウトの注目も集めた彦根東・増居翔太投手が、将来もプロ野球を目指さない事が分かった。

大学で野球を続けるかも「考えている途中」

今年のセンバツで、慶応高戦で9回5安打9奪三振3失点で完投勝利を挙げ、また花巻東戦では9回までノーヒットノーラン、試合は0-0のまま延長となって敗れ、大記録達成とはならなかったが、彦根東の増居翔太投手は、今年のセンバツ大会を代表する一人だった。

センバツでは広島やMLBのスカウトからも高い評価をされていた。しかし増居投手は京都大を志望していると報じられ、進路についても注目されていた。

この日、春季高校野球滋賀大会の2回戦、守山北戦では登板をしなかった増居投手は、「野球で将来は考えていない」と話し、大学を経由してのプロ入りについても「ないですね」と話した。大学に入学してからも野球を続けるかについても「考えている途中。決めかねている」と話し、野球は高校で卒業する可能性もあるという。

171cmと上背は無いものの、コントロールの良さと変化球も良く、球に力も感じられる投手だった。今年はもちろん、大学など進んだ後も名前が出てきそうな投手だったが、しっかりと自分の進路を決めているようだ。

野球ファン、ドラフトファンとしては残念だが、増居投手の今年のセンバツのピッチングは、しっかりと焼き付いているし、この夏への戦いも応援してゆきたい。最後になるかもしれない本格的な野球を、精一杯楽しんで悔いなく卒業してほしい。

増居翔太(彦根東高校) | ドラフト候補の動画とみんなの評価
2018年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

この試合で登板しなかった増居は、センバツでプロスカウトの注目を集め、大会NO1投手という声もあがった。京大志望の文武両道左腕が一転してプロを目指すか注目されたが「野球で将来は考えていない」と否定した。

 関東の大学も候補に入っているもようで、進学先で野球を続けることには「考えている途中。決めかねている」と明かした。ただ、大学を経由してのプロ入りも「ないですね」と、冷静に自身の将来を見据えていた。


PAGE TOP