花咲徳栄・野村佑希選手が勝ち越し二塁打、日本ハムスカウトが絶賛

花咲徳栄, 野村佑希, 井上朋也

花咲徳栄の昨年夏の甲子園優勝メンバーで、高校通算50本塁打のプロ注目の右の大砲・野村佑希選手に北海道日本ハムのスカウトが注目をしている。

勝ち越しの2点タイムリー二塁打

花咲徳栄の4番・野村佑希選手は4回、左中間を割る2点タイムリー2ベースヒットを打った。2-2からの貴重な勝ち越しのタイムリーヒット、これでチームも勢いに乗りこの回一挙6点を奪って試合を決めた。

野村選手は、「しっかり捉えられた。試合を決められる打者になりたい」と話し、岩井監督も「野村は打って当然」と信頼を寄せた。

この日視察をした北海道日本ハムの今成スカウトは「夢のあるバッター。懐が深くて打球が速い」と話し、非常に高い評価をしている。右の大砲候補としてドラフトで指名する可能性が高いのではないかと思う。

次世代の4番候補も

花咲徳栄はこの日、7番に座った1年生の井上朋也選手が2回、レフトスタンドにホームランを放ち、今大会2本目となった。また4回には野村選手に続いて2点タイムリーヒットを記録し、この日は2安打3打点を挙げた。「甘い球をしっかり捉えられた」と話した。

井上選手は大阪府四条畷市出身の180cm80kgの右の大砲で、「野村さんを越えたい」と高校通算50本塁打の野村選手を目標としている。

毎年のように投手も野手も注目選手が登場し、プロ野球選手が誕生する花咲徳栄に、早くも次のプロ入り候補が登場。まだ花咲徳栄の強さは続きそうだ。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-高校生のドラフト候補リスト

2―2の4回2死一、三塁で昨夏から4番に座る高校通算50本塁打の野村が勝ち越しの左中間2点適時二塁打を放ち、この回一挙6得点。主砲は「しっかり捉えられた。試合を決められる打者になりたい」と話した。視察した日本ハムの今成泰章スカウトは「夢のあるバッター。懐が深くて打球が速い」とほれ込んでいた。

1年生の7番・井上が左越えソロ本塁打を含む2安打3打点で「甘い球をしっかり捉えられた」と笑顔。2年連続全国制覇がかかる夏の甲子園へ、岩井監督は「まず井上や3人の2年生が苦労して戦うことが必要」と課題を口にした。


PAGE TOP