花咲徳栄・野村佑希投手が横浜から13奪三振、5人態勢ソフトバンク「予想以上」

花咲徳栄, 野村佑希

花咲徳栄が横浜高と練習試合を行った。花咲徳栄のドラフト候補スラッガー・野村佑希選手はこの日は投手として投げると、横浜高校打線から13三振を奪う投球を見せた。

146キロ右腕

野村佑希投手は高校通算56本塁打を打つスラッガーとして、今年のドラフト会議では2位までの24人に入るといわれている。また投手としても最速146キロを記録し、チーム事情もありこの夏はエースとして登板する事も予想される。

この日の横浜高校戦では先発して登板すると、9回を投げて4安打2失点、9回には4番・長南有航選手から13個目となる空振り三振を奪い、先発全員から三振を奪った。スライダーのキレがよく、「追い込めたら自信があった」と狙って三振を奪った。最速は138キロだった。

打撃では横浜の152キロ左腕・及川雅貴投手から1安打を打った。この日は4球団のスカウトが視察に訪れ、福岡ソフトバンクは5人態勢で視察をした。永井スカウト室長は「投手としては初めて見たが、予想以上に良かった」と話し、投手としても評価をした。

それでもやはりプロでは右の大砲として、チームの4番を打つ選手になることが期待されている。日本人の4番で右の大砲を育てたい福岡ソフトバンクは、本腰を入れて狙っているとみても良いかもしれない。

花咲徳栄の岩井監督は、「中田と2枚で行く」とこの夏は、エースの186cm右腕・中田優斗投手と野村投手の2枚看板でいくと、野村選手を投手で起用することを明言した。その中でホームランを量産するのも難しいかもしれないが、やってほしい。

花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

この日は4球団のスカウトが視察。5人態勢で訪れたソフトバンクの永井編成・育成部長兼スカウト室長は「投手は初めて見た。思ったよりもまとまっていて、いいピッチャー」と新たな一面に目を見張った。


PAGE TOP