横浜152キロ左腕2年・及川雅貴投手は8回途中2失点、花咲徳栄1年・井上朋也選手が本塁打

横浜高, 花咲徳栄, 及川雅貴, 井上朋也

横浜高校vs花咲徳栄、横浜高校は152キロ左腕の2年生・及川雅貴投手が先発したが、花咲徳栄の1年・井上朋也選手がホームランを放った。

ヤクルトスカウト評価

及川雅貴投手はこの日、2回に2アウト1塁の場面で花咲徳栄の1年生・井上朋也選手に、4球目のスライダーを打たれて、レフトスタンドにホームランを浴びた。2球で追い込み、3球目は厳しい球で体を崩してからスライダーで三振を奪う配球だったが、そのスライダーが高めに浮いた。

しかし、この日はやや力を抜いてバランスを重視して投球をすると、その後は無失点を続け、8回2アウトまでを6安打2失点に抑えた。花咲徳栄の主砲・野村佑希選手は1安打に抑えた。最速は149キロだった。

この投球に視察した東京ヤクルトの斉藤スカウトは「今日は力みが無く、バランスが良かった」と話した。夏本番に向けて、連投も意識し、打たせて取る投球だったが、それでもこれだけのスピードを見せた。来年のドラフトの超目玉はすごい。

1年生がホームラン

2-2の引き分けに終わったこの試合、2回に飛び出た1年生・井上朋也選手のホームランが大きかった。井上選手は春の大会でも1試合2本塁打などを打ち、この日のホームランで高校通算は9号となった。

野村選手に続く主砲候補で、大物の器の雰囲気を見せる。この日も、ホームランを打った後、ややゆっくりめにベースを回っていると、岩井監督から「早く回れ!」と叱られ、慌てて回り始めた。

色々なことを経験し、2年後の現時点では、野村選手のように、プレーやその他の点でも評価され、注目されるスラッガーになってほしい。

2019年度-高校生のドラフト候補リスト
2020年度-高校生のドラフト候補リスト

花咲徳栄のスーパー1年生・井上朋也外野手がパワーを見せつけた。2回2死一塁で、横浜の先発、最速152キロ左腕の及川(およかわ)雅貴投手(2年)から左翼に同点本塁打を放った。簡単に2ストライクに追い込まれたものの、4球目の抜けたスライダーを振り抜くと打球は高々と舞い上がり、高校通算9本目の同点2ランとなった。

180センチ、80キロの右の大砲は、2点を追う2回2死一塁から、内角高めのスライダーを完璧にとらえた。高校通算9号に「真っすぐは速さ対策をしていたので、そこまで速く感じなかった。スライダーは、今まで見た中でキレが一番すごかった。打てた事は自信になる」と振り返った。


PAGE TOP