日大鶴ケ丘・勝又温史投手がホームラン&147キロ、阪神、オリックスなど日米7球団

日大鶴ケ丘, 勝又温史

日大鶴ケ丘の152キロ右腕・勝又温史選手が西東京大会に登場し、弾丸ライナーによるホームランと、最速147キロの速球を見せた。この試合には日米7球団のスカウトが視察に訪れた。

二刀流

勝又温史選手はこの日、5番ライトで出場をすると3回、レフト戦へのタイムリー2ベースヒットを打ち、続く5回、ノーアウト1塁の場面では、「カーブと真っすぐ、変化球なら逆方向、真っすぐなら思い切って、どちらにも対応できるようにした。」と打席に入ると、ストレートが来たため思い切り引っ張り、打球は弾丸ライナーでライトスタンドに飛び込んだ。6回にも内野安打で足を見せ、3安打4打点の活躍を見せた。

また6回からは登板をすると、先頭打者に死球を与えたものの、最速147キロを記録したストレートなどで落ち着いて併殺を取り3人で抑えた。試合は6回コールド10-0で清瀬高校に勝利した。

高校通算ホームランについて聞かれると、「30本くらいですかね」と本数にはこだわらない。それでも「打つのは好きなので、二刀流をさせてもらえるのなら是非ともやりたい」と話し、プロでも二刀流で挑戦したいと話した。そして、二刀流で注目される大阪桐蔭・根尾選手について、「甲子園で根尾と対決したい」と話した。

7球団注目

この日は国内6球団、アメリカ1球団のスカウトが視察に訪れた。

阪神の畑山俊二チーフアマスカウトは「どちらも良いものを持っている。打撃は柔らかくて強い」と話すと、オリックス・古屋編成部副部長は「広島の丸をほうふつとさせる」と話し、フィリーズの大慈弥スカウトは「打撃がいいので野手としても面白い」と評価した。

中日の中田アマスカウトディレクターは「センスは打撃、素材は投手。打撃はスイングがいいですし、洗練された印象。投球ではよく腕が振れる」と評価、東京ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「投打ともに魅力を感じる。うちは二刀流というシステムをやったことはないけど、それを考えてもいいぐらい、打者としても楽しみ」と話し、打撃についての評価がうなぎのぼりとなった。

二刀流で注目される勝又選手、特に打撃の評価が高まり、プロでも打者としてというような声も聞かれた。しかし、これから投手でも152キロを超えるような球を投げてくると思われ、その時はやっぱり投手という事になりそうだ。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

日米7球団のスカウト陣が目の色を変えた。剛腕の先発登板を期待して視察に訪れていたが、右翼手として出場。試合開始直後のネット裏には重苦しい雰囲気が漂ったが、一振りですべてを振り払った。3回1死満塁では、逆方向のレフトに2点二塁打。オリックス・古屋編成部副部長が「広島の丸をほうふつとさせる」とうなれば、ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「投打ともに魅力を感じる。球団初の二刀流もあり得る」と打者としても評価していくことを示唆した。

バックネット裏では日米7球団のスカウト陣が熱視線を送った。ヤクルト・橿渕編成部スカウトグループデスクは「うちは二刀流というシステムをやったことはないけど、それを考えてもいいぐらい、打者としても楽しみ」とポテンシャルの高さを絶賛。勝又自身も「打つことは自分の中で楽しみ。ぜひやってみたい」とプロでの投打二刀流に興味を示した。

投げては6回から登板し1回無安打無失点。プロ6球団が視察する中、スカウトのスピードガンで最速147キロを記録し、阪神の畑山俊二チーフアマスカウトは「(投打)どちらも良いものを持っている。打撃は柔らかくて強い」と称賛した。


PAGE TOP