報徳学園・小園海斗選手が初回ヒットなど2安打、阪神・広島など6球団注目

報徳学園, 小園海斗

プロ注目内野手、報徳学園の小園海斗選手が、夏初登場で躍動した。阪神、広島など6球団スカウトも活躍を見届けた。

2安打

小園海斗選手はこの日、この夏の初回の初球を迷いなく振りぬき、打球は一二塁間を割ってライト前ヒットとなった。その後、先制のホームを踏み1得点を挙げる。

そして5回、あと1点でコールド勝利という場面の1アウト2塁のチャンスで打席に入ると、「一発狙いで行きました」と共振し、センターオーバーの当たりを見せると、小園選手は俊足を飛ばして一気にホームまで還ってきた。セカンドランナーがホームインした時点でコールド勝ちが決定し、記録は2ベースヒットになったものの、ランニングホームランの打撃と足だった。

この日は2安打2打点、守備でも4回、深い位置から緩いゴロを奪取して処理し、守備力の高さも見せた。

6球団スカウトが視察

この日は広島、阪神など6球団のスカウトが視察をし、阪神・熊野輝光スカウトは「魅力は走攻守、全部。全ての面でパワーアップしていて、どれを取ってもレベルが一つ高い」と話し、「グラブさばきやフットワークなど、ショートとして必要な総合力が非常に高く抜けた存在。上位でなければ取れない」と、ショートとして抜けた存在であると評価した。

1年時から注目遊撃手として活躍を続けてきた小園選手の、最後の夏が始まった。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト

積極性で勝利への道筋を付けた。「自分が塁に出れば、得点に結びつく。初球から行くと決めていました」。初回先頭打者では初球のカーブを強振。右前打で出塁し、3番・長尾の右中間三塁打で先制の本塁を踏んだ。8―2の7回1死二塁では中越えの大飛球を放ち、一気に本塁へ。二塁走者が生還した時点でコールドが成立して記録上は二塁打だったが、持ち味の俊足も示した。

 スタンドでは阪神、広島など6球団のスカウト陣が見守った。阪神・熊野輝光スカウトは「魅力は走攻守、全部。どれを取ってもレベルが一つ高い」と絶賛。そのうえで「ショートでは抜けた存在だし、上位でなければ取れない」とドラフト上位指名候補であることを改めて明言した。

小園を視察した阪神・熊野スカウト
「走攻守すべての面でパワーアップしている。グラブさばきやフットワークなど、ショートとして必要な総合力が非常に高い」


PAGE TOP