藤嶺藤沢・矢澤宏太投手に9球団視察、6回5安打9奪三振

矢澤宏太, 藤嶺藤沢

藤嶺藤沢が第1シードの湘南学院に勝利、プロ注目の矢澤宏太投手にはこの日も9球団のスカウトが視察に訪れた。

足でも見せる

藤嶺藤沢の矢澤宏太投手が、プロ各球団からの要チェック選手になっている。それは、ドラフトで指名するかどうかではなく、将来、投手として育てるか、野手として育てるか、または二刀流かというチェックをしているのだろう。

この日はまず投手として、5回に足をつりながらも6回を投げて5安打9奪三振で2失点という投球、また、攻撃では初回に1アウト2塁の場面で初球をはじき返すと、足を生かしてショートへの内野安打とした。

するとすかさすに二盗を決め、その後ホームを踏む。50m5.8秒の足を見せた。投げては148キロを記録する左腕、打っても高校通算27本塁打の矢澤選手、この日も9球団のスカウトが視察をしている。

根尾選手と同じように、将来、どのポジションでやっていくのか注目されることになる。ドラフト会議で指名されてからがさらに楽しみな選手だろう。

2018年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト

ドラフト候補のエース左腕矢沢宏太投手(3年)が今大会2試合目の先発。5回には足をつりながらもマウンドに上がり、6回を被安打5の9奪三振で2失点に抑えた。「結果がすべてですけど、2失点してしまったので負ける可能性もあった。無失点がベストなので、そういう投球を意識していきたい」と反省点を挙げた。

 3番に入った矢沢は、1回1死二塁で左前打を放ち、1点を先制し、投打で活躍を見せた。23日の準々決勝に向けて「まずは疲労をとって、ケアをしっかりして、体をいい状態にしたい」と話した。


PAGE TOP