花咲徳栄・野村佑希選手は明日13日にプロ志望届提出

花咲徳栄, 野村佑希

花咲徳栄の高校通算58本塁打スラッガー・野村佑希選手が、明日13日にプロ志望届を提出することが分かった。

4年連続プロ誕生か、花咲徳栄

花咲徳栄の野村佑希選手は、昨年夏の甲子園でも4番を打ってホームランを放つと、今夏はエースで4番を務め、2試合連続ホームランを放った。高校通算58本塁打の右のスラッガーとして評価が高く、昨年の段階でドラフト上位候補と評価されていた。

その野村選手は、13日の大安の日にプロ志望届を提出するという。プロでは内野手として挑戦する意向で、現在は新チームの練習に入って、サードの練習をしているという。野村選手はチーム事情で投手として投げ146キロを記録していたが、その前はサード、またショートにもついていた。この夏に守備の機会を見せられず、プロのスカウトも守備の部分のチェックは不足しているとみられ、練習にも足を運んでいるだろう。

花咲徳栄は2015年に大瀧愛斗選手が西武にドラフト4位で指名されると、2016年には高橋昂也投手が広島にドラフト2位で、岡崎大輔選手がオリックスにドラフト3位で指名され、2017年には西川愛也選手が西武の2位で、清水達也投手が中日にドラフト4位で指名されている。比較的高い順位で指名されている。

野村選手も右の大砲としてドラフト会議での指名は確実と見られ、2位前後で指名されそうで、4年連続のプロ野球選手誕生という事になりそうだ。花咲徳栄では2年生の韮澤雄也選手、1年生の井上朋也選手も既にプロから注目されており、これからもプロ野球選手誕生が続いていくかもしれない。

花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

右の大砲と期待され、複数球団が注目。花咲徳栄からは15年の西武・愛斗、16年のオリックス・岡崎、広島・高橋昂、17年の西武・西川、中日・清水に続き、4年連続のドラフト指名の期待がかかる。


PAGE TOP