金足農・吉田輝星選手は進路について「実力をしっかり客観的に見て」決める

吉田輝星, 金足農

甲子園の準優勝からU18代表として戦った吉田輝星投手が、ようやく地元での日常の生活に戻る。今後、進路の決断をすることになるが、U18代表で交流した選手たちや戦いで感じた事もあるようだ。

「いろんな人の意見を聞かないと」

吉田輝星投手はU18アジア選手権で、韓国戦では先発し初回に3ランホームランを浴びると、台湾戦でも登板してすぐに2点を失い、11回を投げて5失点という成績だった。また、代表では根尾昂選手などとともに過ごし、「プロを目指している分、練習の量だったり質だったりが他のメンバーとは違ったので、そういうところを自分ができるようになってから。しっかり練習していけたらいいなと思います」と話し、プロ入りを目指す選手たちの意識の高さと、練習に対する姿勢などに触れた。

いずれはプロに行きたいか、という質問に「はい」と答えた吉田投手だが、「自分の実力をしっかり客観的に見て決めることが大事。いろんな人の意見を聞かないと」と話し、進路の決断では地元に戻り、両親や監督、そして指導を受けてきた八戸学院大の正村監督とも会って話をする。

いきなり甲子園で準優勝をした150キロ右腕、そして金足農というチームでプレーしていたこともあり、甲子園で大きく注目され、ややヒートアップ気味に熱視線を浴びていた。地元に戻って時間が経つにつれ、周囲も少しずつ冷静になってくるだろう。そこで、色々な人の意見を聞き、客観的にみてプロでやれるかを決める事になる。

個人的には、甲子園での大活躍が無くても、プロで十分やれる投手だと思っていた。ストレートの質は今年の高校生でトップクラスなのは間違いなく、フィールディング、けん制、精神力なども、これから大学に進んで4年間の時間が必要な投手には思えない。世間の注目という後押しがある中で、高い順位でプロ入りできるのであればした方が良いと思う。プロに入って順調に成長するかは、可能性は高いとは思うが、正直どうなるかは分からない、しかし、大学に進んだとしても、4年間でも何が起こるか分からない。

まずは国体に向かうチームの中で、チームメイトたちと再び目標に向かい、10月11日のプロ志望届提出締切までに結論を出す。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

金足農・吉田輝星(こうせい)投手は卒業後の進路について、「自分の実力をしっかり客観的に見て決めることが大事。いろんな人の意見を聞かないと」などと語った。
2試合で2敗、計11回で5失点だった右腕。根尾(大阪桐蔭)らと時間を共有したことで「プロを目指している分、練習の量だったり質だったりが他のメンバーとは違ったので、そういうところを自分ができるようになってから…。しっかり練習していけたらいいなと思います」と口にした。

金足農の吉田は「プロを目指す仲間は練習の質も量も違った。見習いたい」と貴重な時間を振り返った。進路は30日から始まる国体終了後に「ゆっくり決めたい」としたが、「いずれはプロに行きたいか」との質問には「はい」と返答。


PAGE TOP