明桜・山口航輝選手はプロでは野手1本で

明桜高, 山口航輝

プロ志望届を提出した明桜の山口航輝選手は、2年時に146キロの速球を投げ、吉田輝星投手に投げ勝った力があるが、プロでは野手1本で勝負する。

吉田投手に投げ勝つ

山口航輝選手は昨年夏の秋田大会決勝で、金足農の吉田輝星投手と投げ合い、5回2安打5奪三振無失点の好投を見せ、チームを甲子園に導いている。昨年の秋田大会では球速は146キロを記録し、球威・球質などを含めて、今年のドラフト1位候補になる投手と注目されていた。

しかし、その決勝戦で吉田投手のけん制で帰塁する際に右肩を脱臼して降板すると、出場した甲子園では外野手として出場し登板はなかった。そして今年は怪我からの復活が期待され、練習試合では登板したという情報もあったものの、最後の夏の大会でも登板はなく、決勝では再び激突した金足農に0-2で敗れていた。

バッターとしても4番を打ち、高校通算は25本塁打をマーク、強烈な打球を放つ右のスラッガーで、この夏は打者として東北楽天などが高く評価をしている。プロ志望届を提出した山口選手は、プロでは野手1本で勝負する見込みだという。

個人的には、時間がかかっても良いので投手として、もう一度投げる山口投手を見たいと思うのだが、本人が一番悩み、辛く苦しんで決断をしているのだろう。自分の選択した道で、ポジションで、プロで活躍する姿を見せてほしい。

2018年度-高校生-秋田県のドラフト候補リスト

今春からは投手としての復帰も視野に入れながら、4番としては高校通算25本塁打をマーク。今夏の秋田大会も決勝に導き、金足農と再戦。吉田に無安打に抑えられ、2年連続の甲子園出場を逃した。今春から右肩の故障の影響で1度も公式戦の登板がなく、プロでは野手1本で勝負する見込みだ。


PAGE TOP