下関国際・鶴田克樹投手、プロでは投手を志望

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

この日、大阪桐蔭と対戦した下関国際、プロ志望届を提出している鶴田克樹投手は大阪桐蔭を2失点に抑える好投を見せた。

投手としてプロへ

鶴田克樹投手は最速147キロの速球を投げるが、投球スタイルはカットボールやチェンジアップを使い、打たせて取るタイプ。この日の大阪桐蔭戦では、根尾選手に2ランホームランを浴びたものの、失点はこれだけに抑え、8回を投げて5安打2失点と春夏連覇王者を相手に好投を見せた。

4番を打った打撃では3打数ノーヒット1四球で、試合も0-2で敗れた。これで高校野球のすべての公式戦が終了し、すでにプロ志望届を提出している鶴田投手は、後はドラフト会議を待つだけだが、プロでは、「ピッチャーで行きたい」と話し、投手を志望した。「スタイルを変えずに打たせて取るピッチングをしたいです」と、プロでも高いレベルでの打たせて取る投球を目指す。

力も十分あり、甲子園では130キロ台のストレートと変化球を駆使してベスト8まで勝ち進んだ。準々決勝では日大三に2-3と惜敗したが、好投を披露し続けた。プロではパワーある打撃も含めて評価するとみられるが、ドラフト下位、または育成ドラフトでと予想するが、潜在能力を高く評価している球団もありそうな選手で注目したい。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

プロ志望届を提出した下関国際の「二刀流」鶴田克樹投手(3年)が、次の舞台では「ピッチャーで行きたい」と話した。
今夏の甲子園が終わった後、プロへの気持ちが強くなった。「スタイルを変えずに打たせて取るピッチングをしたいです」と最速147キロ右腕はプロの世界を目指す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント