高校野球1日目のドラフト的見どころ

武岡龍世, 沢野聖悠, 堀裕貴, 近藤遼一, 後藤丈海, 山田怜卓, 渡辺太楼, 原瑞都, 田中瞬太朗, 迫広佳祐

今日開幕する夏の甲子園、1日目のドラフト的見どころを紹介します。

第1試合 遊撃手対決

この試合の注目ポイントは遊撃手、八戸学院光星の武岡龍世選手は、甲子園もすでに経験しており、ショートとしての守備の力は、高校野球ファンにもアピール済み。打撃でもパンチ力を見せる。対する誉の沢野聖悠選手は186cmの大型遊撃手、高校通算26本塁打のパンチ力もある。武岡選手の守備と比較して、沢野選手もついていければ、大型遊撃手だけにプロの視線はグッと強くなってくる。

また八戸学院光星はサイドハンドから144キロの速球と巧みな変化球を投げる山田怜卓投手、184cmから角度のある球を投げる渡辺太楼投手、そして春のエース・後藤丈海投手など、誰が先発してくるかわからないが、素晴らしい能力を持っている。そして打撃でも青森大会6本塁打の近藤遼一選手が注目されるが、長距離砲ならば原瑞都選手の方がスイングや打球に迫力がある。

第2試合 九州対決

この対決、佐賀北は残念ながら、がばい旋風を起こした久保監督が最も注目されるような形になっているが、勢いにのってよい選手が登場しそうだ。神村学園は2年生の田中瞬太朗投手が、鹿児島大会で生きの良い球を投げており、来年のドラフト候補として注目したい。

第3試合 身体能力と粘りの投球

高岡商の堀裕貴選手は174cm82kgという体があり、高校通算23本塁打の長打力はもちろん、遠投110m、投手として141キロを記録する肩がある。外野手としてのスローイングや足、そして投手として投げた時の球威などを注目したい。

石見智翠館はチーム全体で6試合で74安打の打線のチームだが、島根大会では要所で迫広佳祐投手が踏ん張った。立正大淞南戦では9回で10個の四球を与えるも2安打8奪三振で1失点に抑えるという、かなり粗い内容だが、力を見せている。ランナーを出さない投球ができるか注目したいが、ランナーを出した後でヒットを許さない投球はどんなものか、注目したい。

夏の甲子園1日目の対戦カードと注目選手


PAGE TOP