150キロ右腕・習志野の飯塚脩人投手、「大学でやりたい気持ちはあります」

習志野高, 飯塚脩人, 大学・社会人志望表明

習志野の150キロ右腕・飯塚脩人投手は試合後に、大学でプレーすることを表明した。

2回から登板

習志野はこの日も2年生左腕の山内翔太投手が先発したものの、2回に強打の鶴岡東打線につかまり5失点、2アウトからエースの150キロ右腕・飯塚脩人投手が登板した。

リリーフエース・飯塚投手は、春もロングリリーフをしていたし千葉大会では先発もしており、スタミナは問題なかった。それでもこの日はなかなかペースをつかめないような感じで3回から5回まではランナーを背負いながらの投球となる。しかし6回に三者凡退に抑えると、7回には三者三振と次第にペースが上がっていった。

それでも8回、鶴岡東の主砲・丸山蓮先取にインコース高めのストレートをレフトポール際に運ばれるとやや動揺したのか、2アウトを取ってから3連打で3点を失う。その裏に味方が2点を返したものの、9回にも再び丸山選手にホームランを浴びた。「1試合に2本ホームランを打たれたことはない」と話し、「相手はしっかりとコンタクトしてきて投げるボールがなくなった。自分のせいで負けた。相手の方が実力が上でした」と話した。

大学へ

飯塚投手は卒業後について聞かれると、「まだ一切考えていない」と話したものの、「大学でやりたい気持ちはあります」と話し、大学に進学して野球を続けるという希望を話した。

まだ体の線は細いものの強い下半身と体幹で、ボールが先行しても楽に145キロの球でストライクを奪える。そして、右バッターへのチェンジアップ、左バッターへのカットボールなど変化球もあり、ストレートも変化球もすべて、低めに投げられる。

個人的には大学で4年間をかけることはあまり無いようにも思う。プロ入りしても1年目でファームでかなりの成績を残し、2年目から1軍で投げられるのではないかと思っているが、4年後、とんでもなく成長した飯塚投手を再びドラフト候補として取り上げたい。

習志野高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

最後まで貫いたエースの姿勢。バックに守備位置を指示する姿からは風格すら漂った。7回1/3を投げて4失点で幕を閉じた最後の夏。進路について「まだ一切考えていない」と言った飯塚。ただ次のステージでも必ず、大黒柱になれる器だ。

「3年生にはお疲れさん、大変だったなと話したい」と小林監督。飯塚は今後の進路について「大学でやりたいという思いはあります」と話し、涙で今後の飛躍を誓った。


PAGE TOP