鶴岡東の注目選手ー2020センバツチームの紹介

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は鶴岡東。

鶴岡東の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:山路将太郎選手、昨夏の甲子園では関東第一戦で3安打、広角に強い打球を打つ。50m5.9秒の足があり、セカンドで広い守備範囲を見せる。

注目度C:太田陽都投手、180cm80kgの体から140キロ前後の球を投げる。まだ実績は少ないが東北大会の福島成蹊戦での6回1安打無失点投球が光る。

注目度C:野川大輔選手、センターを守り50m6.2秒の足で広い範囲を守れる。2番バッターとして四死球を多く選び、盗塁も秋に5つを決めるなど、攻守のキーマンか。

注目度C:鈴木喬選手、2年秋は2本塁打を放つ長打力に肩と足もまずまずある外野手。

注目度C:斎藤翔太朗選手、2年秋は控え選手だが、50m5.9秒の足は山路選手と並びチーム1、遠投96mの強肩の外野手。

注目度C:佐藤伊吹投手、186cm83kgの大型右腕、まだ実績は少ないが山形大会では2試合で5回6安打5奪三振1失点。大化けを期待したい投手。

チーム

エースはカーブ、フォークを織り交ぜて投げる小林投手だが、継投をしてくるチームで、太田、佐藤などが安定すれば、後ろに行くにしたがって球威がある投手が出てくる。

打撃は昨年の丸山蓮大井光来ほどの中軸はいないものの、山路、野川の1,2番は非常にレベルが高く、中軸の出来が鍵となる。昨秋は下位打線が非常に好調で良く打っていた。

投手が4点程度に抑え、打線が6点を奪って接戦をものにしたい。

鶴岡東高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント