明豊の注目選手ー2020センバツ出場予定だった選手の紹介

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツに出場する予定だったチームの注目選手を紹介します。今日は九州チャンピオンの明豊。

明豊の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:若杉晟汰投手、170cmの左腕で最速は142キロ、1年秋に51奪三振を記録し注目されているが昨年秋は右足薬指を骨折し本調子ではなかった。復活を期待したい投手。

注目度B:狭間大暉投手、178cmの右腕で最速142キロ、リリーフとして力のある球をどんどん投げ込む。打撃も良く秋はライトで出場し9打点を挙げた。4盗塁と足も見せる。

注目度B:京本真投手(2年)、187cmの大型右腕で最速は130キロ中盤を記録している。センバツが開催されていれば、注目を集める投球を見せていたかもしれない。今年140キロ台まで持ってくれば、来年も注目投手の一人となりそうだ。

注目度C:布施心海選手、昨秋に4本塁打を記録し、練習試合も含めると7本塁打。171cm69kgと体は大きくないが鋭い振りを見せる。スイングを見たい。

注目度C:中村洸斗選手、1番を打つが昨秋は3本塁打を記録、四球を選び出塁してから盗塁を決める思い切りの良い走塁も見せる。スイングの強さと足を見たい。

注目度C:宮川雄基選手、ショートを守る。1年秋は打率.462、昨秋は打率.371も3本の三塁打など打球の強さと足の速さが目立った。打撃と足を両方見たい。

注目度C:小川聖太選手、5番レフトで出場する。遠投110mの強肩に秋は打率.447、10打点を挙げた。打撃と肩を見たい。

注目度C:居谷匠真選手、178cmの捕手で遠投110mの肩の強さがあり、打撃の能力に優れ秋は打率.514を記録、14打点を挙げる勝負強さも見せた。まずは肩を見たい。

注目度C:財原光優投手(2年)、181cm83kgの体があり、サイドハンドから力のある球を投げ込む。まずは球の強さを見たい。

注目度C:太田虎次朗投手(2年)、巨人ドラフト2位・太田龍投手の弟。175cmの左腕で兄とはタイプが違うが、この冬に急成長を見せているという。まずは投球を見たい。

注目度C:川原颯起選手、控えの選手で50m6.0秒とチーム1の俊足、内野・外野を守れる。出場したら足の速さを見たい。

チーム

投手は2年生左腕の永見投手が秋は踏ん張りを見せ、リリーフで狭間投手が力のある球を投げた。しかし全国では若杉投手の復活や京本投手など2年生の成長が必要。打線は九州で公式戦10試合で139安打、11本塁打、115得点と圧倒的な力を見せた。1番・中村が3本塁打し、3番布施が4本塁打、狭間、小川の主軸も強打者。

投手が5点までに抑え、打線が9点を奪う。打撃戦に持ち込めれば負ける事は無い。

明豊高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント