磐城高の注目選手ー2020センバツ出場予定だった選手の紹介

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツに出場する予定だったチームの注目選手を紹介します。今日は21世紀枠の磐城高校。

磐城高の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:沖政宗投手、最速141キロの速球に2種類のスライダーなど変化球も良く、2年秋は防御率0.90と安定感があった。21世紀枠選出の大きなカギとなった選手。ストレートを見たかった。

注目度B:岩間涼星捕手、遠投100mに50m6.1秒の足があり、昨秋は打率.400を記録した4番キャッチャー。身体能力の高さがあり、まずは肩やフットワークなどキャッチャーとしての素質と、足を見たかった。

注目度C:佐藤綾哉投手(2年)、最速137キロの速球を投げ、1年秋は19回1/3を投げて17奪三振、リリーフで登板し堂々と投げる次期エース。

注目度C:市毛雄大選手、3番ショートで出場予定だった。昨秋は練習試合を含め30試合で41打点、公式戦は打率.385だったが三振は0個と打撃が安定。コンタクトの良い打撃を見たかった。

注目度C:小川泰生選手、182cm83kgの右の大砲、高校通算9本塁打。11三振と粗さもあるが長打力を見たかった。

注目度C:草野凌選手、50m6.2秒に遠投100mの肩がある他、練習試合も含め3本塁打と164cmと小柄だが長打力もある。足と肩を見たかった。

チーム

沖投手がどれだけ投げられるかが注目されており、昨年の石岡一・岩本大地投手のような好投をみせたかもしれない。打線は3番・市毛、4番・岩間が鍵で草野選手が出塁できるか。

投手が3点に抑え、打線が4点を奪う。投手をしっかりと支える守備を見せたい。

磐城高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント