高岡第一の146キロ右腕・佐伯成優投手に9球団が注目

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

高岡第一の186cm右腕・佐伯成優投手は、3月末に146キロを記録し、9球団が既に視察をしている。

186cm右腕

佐伯成優投手は186cm80kgの右腕で、2年時にその長身から139キロの速球を投げていた。そして9月に143キロ、秋までに144キロを記録すると、冬にはバーベルを使ったスクワットで160kgを挙げるまで鍛え、3月末の練習試合で146キロを記録した。

8割くらいの力で投げていると話すが、昨年よりも球速が伸び、3だつ28日の練習試合では4回1安打無失点と好投を見せ、覚醒を見せている。力のあるストレートと得意のキレのあるスライダーが武器。

既に9球団のスカウトが視察に来ており、ドラフト候補として大いに注目される。パリーグスカウトは「体も大きく、強いボールを投げられるのは魅力。秋と比べて良くなっている。十分にドラフト対象です」と話した。

新型コロナウイルスの影響で4月18日開幕予定の春季富山大会の開幕は難しそうだが、佐伯投手は「夏は絶対に勝ちたい。球速にこだわらないが、150キロ以上は出したいです」と夏までに150キロ到達を誓った。

大型右腕として非常に楽しみな投手、早くその姿を見られるときが来て欲しい。

2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2020年度-高校生-富山県のドラフト候補リスト

昨秋は最速144キロだったが、負担がかからないフォームに改良し球速もアップ。あるパ・リーグのスカウトは「体も大きく、強いボールを投げられるのは魅力。秋と比べて良くなっている。十分にドラフト対象です」と期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント