春季高校野球が全て中止、夏の高校野球大会は開催できるか

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

青森県高野連は20日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、緊急事態宣言が全国に出されていることを踏まえ、春の春季地区大会、県大会を中止すると発表した。これで全地区、全都道府県の春季高校野球大会が中止となった。

休校が続く中で夏へ

全国に出されている緊急事態宣言は5月6日までとしているが、あと2週間となる中で新型コロナウイルスの感染拡大は収まる気配を見せていない。春季高校野球は全ての地区で中止となったのみならず、夏の選手権大会の開催も非常に厳しい状況になってきている。

夏の地方大会は沖縄で6月20日に開幕し、全国で開催されていくが、沖縄県の高野連関係者は「県内の学校は5月上旬まで休校で、そこから1カ月で準備するのは厳しい。開幕を遅らせるかもしれない」と話し、夏の沖縄大会の開幕を遅らせる可能性があることを示唆した。

日本高野連は「3年生にとっては高校生活最後の公式大会。各都道府県連盟と連携を取りながら、準備している」と話し、新型コロナウイルスの感染状況により、感染防止策、無観客開催などを想定したガイダンスを作成中としているが、もし緊急事態宣言が6月まで延ばされる事にもなれば、それに伴って学校の休校も伸びる事になる。

どうすれば開催できるか

3年生にとって高校最後の大会となるが、もし夏の大会開催期間まで緊急事態宣言が続くことにもなれば、予定通りの開催ができないという事になってしまう。ただし、どうしても開催したい、してほしいという思いは、選手、監督、高野連関係者、そしてファンも含めて共通の強い想いだろう。

選択肢は、大会の延期、無観客開催、地区大会制などがあると思う。

まず、最悪の事態として緊急事態宣言が7月まで伸び、地区大会の開催期間に入ってしまった場合、または、緊急事態宣言が6月上旬まで伸び、チーム作りの時間がない時には大会の延期をしてほしい。大学野球選手権は2カ月延ばして8月開催としたが、甲子園大会もプロとの兼ね合いはあるものの、9月、10月への延期という事も考えてほしい所。

その場合、来年のセンバツ大会につながる秋季大会の日程と重なり、来年の高校野球の日程にも影響が出てくるが、今年の3年生だけに辛い思いをさせる事はさせたくなく、できれば秋季大会は、夏の大会で勝ち残ったチーム、敗れたチームを調整し、また、明治神宮大会を中止してでも、地区大会を11月まで伸ばすような形となる。

もし緊急事態宣言が6月上旬までに解除されたとしても、無観客での開催となる可能性は高いと思う。また、各都道府県でも遠くへの遠征を極力減らすために、春季大会のように各都道府県のブロック内で対戦し、そのブロックを勝ち抜いたチームが県大会へ出場するような形も考えられる。

今となっては、無観客でも、また選手の準備の時間が少なくケガの可能性があるといったとしても、3年生の最後の大会を開催してほしいという思いが強い。そのためには、今は全員が感染の拡大を防止するための行動をする必要がある。

春季高校野球の中止などの状況
新型コロナウイルスの影響により、春季高校野球はすべての地区、都道府県大会で中止となった。4月21日更新。

現在も多くの高校が休校中。部活動の一環である野球だけが独自で活動するのは難しいのが現状だ。夏の地方大会は皮切りとなる沖縄大会開幕が6月20日に迫る。沖縄県高野連関係者は「県内の学校は5月上旬まで休校で、そこから1カ月で準備するのは厳しい。開幕を遅らせるかもしれない」と開幕延期も示唆している。

日本高野連は今月22日に書面による持ち回り審議で理事会を開き、運営委員会は5月20日に延期した。全国的に感染が拡大している現状から、緊急事態宣言の期限が5月6日から延長される可能性もあり、そこで方向性が示せなければ選手の調整にも影響が出る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. もし県大会・全国大会が予定通り出来なさそうなのであれば
    国体・秋季大会・神宮大会を潰して今年に限って秋の甲子園として行うのがいいですね

    そして予選となる秋季大会を潰した来春のセンバツですが
    現三年生の出場を特例的に認め、今春のセンバツ出場校で行うのがいいのではないかと思います