盛岡一の35本塁打スラッガー・高橋怜大選手はプロ志望届提出を視野に

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

昨年夏に大船渡との練習試合で佐々木朗希投手から一発を放った盛岡一の高橋怜大選手は、「プロの舞台で朗希さんと対戦したい」と話し、プロ志望届の提出も視野に入れる。

スポンサーリンク

県内屈指の進学校

この日、盛岡大付と対戦した盛岡一、高校通算35本塁打の高橋選手は、3回には2アウト満塁の場面で死球を受け1打点、また8回にセンター前ヒットを打つなど意地を見せたものの、11-4のコールドで敗退し、高校野球が終わった。

高橋選手は、昨年夏に大船渡と練習試合を行い、佐々木朗希投手からレフトにホームランを放って注目された。そして、「レベルの高いピッチャーから打てたのが自信になった」とスラッガーとして大きく成長を遂げた。

盛岡一は県内屈指の進学校だが高橋選手は「プロの舞台で朗希さんと対戦したい」と話し、「あとちょっと考えたいなと思います」と、プロ志望届の提出についても検討するとした。

パワーは十分ある。守備面も含めて3年は時間が必要ではないかと思うので、それをプロの舞台で行うのか、大学で行うのかという事の判断になるとみられる。いずれにしても良い決断を待ちたい。

2020年度-高校生-岩手県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

昨夏の練習試合で大船渡・佐々木朗(現ロッテ)から本塁打。「レベルの高いピッチャーから打てたのは自信になった」と高校通算35発まで伸ばした。「願わくば、プロで朗希さんと対戦したい」というスラッガーは「進学が7割、高卒プロも頭にある。ちょっと考えたい」と進路を熟考する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント