郡山高の土井翔太選手が32号ホームラン、中日・オリックスなど3球団視察しプロ志望明言

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

奈良県高校野球大会では、一条高校の岸上夏樹斗捕手と、郡山高の土井翔太捕手の、プロ注目捕手が対戦した。土井選手は高校通算32号ホームランを放ち、中日・オリックスのスカウトが高く評価をしている。

捕手対決

郡山の土井翔太捕手は、これまで遊撃手と捕手のポジションを守り、それぞれで強肩を生かしたプレーを見せ注目をされていたが、捕手としてセカンドまで1.85秒の強肩を見せ、またこれまで高校通算31本塁打を打つ、長打を打てる捕手としてプロのスカウトも注目していた。

この日の一条戦では8回、ノーアウト1,3塁の場面から高校通算32号となる逆転3ランホームランを放った。相手投手がスライダーが多いことを読み、「絶対くると思って、狙っていました」とホームランを狙っていた。4打数3安打4打点の活躍だった。

この日は中日、オリックスなど3球団のスカウトが視察をしたが、中日の中田宗男アマスカウト・アドバイザーは「打席の中で投手と間合いを取れている。スローイングも安定感がある」と話すと、ソフトボール日本代表の捕手として北京五輪で金メダルを獲得しているオリックスの乾絵美スカウトも「打てるキャッチャーはかっこいい」と話し、捕手として評価をした。

しかし試合は9回に4点を奪われて郡山は逆転負けし、初戦で敗退した。土井選手は「信じられない。ここで終わるようなチームではないと思っていましたが」と野球の怖さを感じながらも、「上のレベルで野球をやりたい。行きたい気持ちはあります」と話し、プロ志望の意思を示した。

一条の岸上夏樹斗捕手は、1年時から4番を務めるスラッガーで、この日は9回に同点2点タイムリーヒットなど3安打5打点の活躍を見せた。土井捕手との対決には、「土井君に打たれるのは想定内。」と話し、9回に逆転打を打ったことに、「自分の一番いい打撃をしようと思いました」と話した。

プロ注目捕手対決は岸上選手に軍配が上がったが、土井選手も見事だった。

奈良県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C
奈良県高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

全国的には無名の存在だが、二塁送球完了1秒85を誇るなど攻守ともに能力は高い。この日は3球団が視察し中日の中田宗男アマスカウト・アドバイザーは「打席の中で投手と間合いを取れている。スローイングも安定感がある」と非凡なセンスを評価。ソフトボール日本代表の捕手として北京五輪で金メダルを獲得したオリックスの乾絵美スカウトも「打てるキャッチャーはかっこいい」と捕手目線で称した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント