奈良県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

奈良県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

奈良大付の山本陸選手は、遊撃手から捕手に転向し、セカンドまでの送球は1.9秒。また、昨秋の近畿大会でバックスクリーンへのホームランを放つなど長打力も光り、プロのスカウトが注目する。

智弁学園の白石陸選手は、遠投115mの強肩と50m6.0秒のアスリート選手、長打力も伸びてきており、主将として中心選手になっている。

奈良は2年生に注目選手が多い。智弁学園の前川右京選手は、来年の注目スラッガーの一人、3年までに67本くらい打ちたいとしていたが、新型コロナの関係でその記録はやや難しくなったものの、試合が行われるようになれば、それに近い本数は打つかもしれない。185cmの右腕で中学時代から注目されていた小畠一心投手もどんな風に成長しているのか見てみたい。

天理の2年生・達孝太投手は、192cmから141キロの速球を投げ、昨秋の明治神宮大会でのその投球が注目sれた。かつての谷口・南のような長身投手として注目される。瀨千皓選手も選手としてバランスが良く、しっかりとホームランを打てる所も魅力の選手。またショートの杉下海生選手は全国屈指の遊撃手で、守備で世代NO.1か。

その他の選手

天理では、河西陽路選手が昨年明治神宮大会の、中京大中京・高橋投手からの1試合3本塁打が衝撃だった。神宮球場のレフト中段の打球は見事で、これが一発屋だけじゃないことをこの夏に証明したい。下林源太選手は168cmと小柄だが昨年秋は5本塁打を記録、5割を超す打率も残し天才と評価される。3年生エースの庭野夢叶投手も172cmと上背はないが、143キロの速球を投げ込む。4番バッターで長打力もあるが、肩も足もある山地裕輔選手、高い打率に昨秋近畿大会2本塁打の打撃を見せる山元太陽選手など、ナイン全体が注目選手。

智弁学園の三田智也選手は、U15代表を経験した選手で、170cmだが内野手として大きなプレーを見せる。また185cm89kgの岡田皓一朗投手は141キロを投げる右腕で、どこまで成長をしているのか見るのが楽しみ。田上拓磨捕手も183cmの大型選手で、セカンドまでの送球は全国屈指と評価される。

他には、郡山高の土井翔太選手が、捕手から遊撃手に、そしてまた捕手にコンバートされているが、両ポジションで高い身体能力と野球センスを見せる。法隆寺国際の神谷健太選手は2年時から主力で活躍する打者。生駒高校の榎健吾選手は投手としても強い球を投げる強肩遊撃手、今域琉斗選手も好打者と注目される。

一条高校の岸上夏樹斗選手は1年時から4番を打ったスラッガー、大和広陵の大井悠馬選手は、1番バッターだがパンチ力を見せ、高田高校の福留涼平選手は、164cmの遊撃手だが長打力も魅力。奈良高校の中琉馬選手もスピード感あふれるプレーを見せる。

2年生では他にも智弁学園の西村王雅投手は中学時代から注目され、高校でも1年時から安定した投球を見せる左腕。浅野皓星選手は183cmで強肩の捕手、岡島光星選手も今年ショートのレギュラーを取りそうな選手。山下陽輔選手も1年秋に2本塁打を放っている。

2020年度以降-高校生-奈良県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント