松阪商・阪本和樹選手が60号ホームラン、中日・巨人が注目

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

松阪商の阪本和樹選手選手が、新型コロナウイルスの影響による活動休止などがありながら、高校通算60号となるホームランを放った。

スポンサーリンク

精神的に成長できた

阪本和樹選手はこの日、5回2アウト1,3塁の場面でショートゴロで凡退をした。しかし、三塁塁審がタイムをかけており、打ち直しとなった。

そして次の1球を、「打ち損じたゴロだったので、次は一球で仕留めようと思った。変化球は来ないと予想していた」とストレートに絞ると、真ん中に入ったストレートを捉え、バックスクリーンに突き刺さる3ランホームランを放った。

阪本選手は、「大きく外側に出すような自分のスイングができた。力まず、練習のようなバッティングをすれば、自分の力があれば飛んでいく」と話した。これで高校通算60号となった。春の大会や練習試合などが中止となる中、松井秀喜選手の通算本塁打に並んだ。

阪本選手は「甲子園の中止が決まったときは、チームの誰より引きずった。でも、代替大会があると聞いて、誰より先に気持ちを切り替えた。自分もチームも精神的に成長できた。それが一番良かったなと思います」と話し、活動自粛期間中に体重を5kg増やして体を作り、打球の飛距離がさらに伸びた。

この日は中日、巨人のスカウトが視察し、中日の近藤スカウトは「しっかり捉えられている。素材はもちろん、運も持ってるね」と評価した。

右の大砲が大きく注目されるようになってきた。

「甲子園の中止が決まったときは、チームの誰より引きずった。でも、代替大会があると聞いて、誰より先に気持ちを切り替えた。自分もチームも精神的に成長できた。それが一番良かったなと思います」

 中日、巨人のスカウトが視察に訪れ、中日の近藤真市スカウトからは「しっかり捉えられている。素材はもちろん、運も持ってるね」と評価された。「自分の成績よりチームの勝利」。名実ともに「大黒柱」の4番として県の頂点を見据えた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント