高野山の185cm捕手・植幸輔選手に巨人・ソフトバンク視察も大学・社会人を希望

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

高野山高校の185cmの大型捕手としてプロが注目していた植幸輔選手が、大学・社会人でプレーすることを希望していることが分かった。

スポンサーリンク

大型捕手

植幸輔選手は185cmの大型捕手。この日は2回に先頭バッターでヒットを打つと、3塁まで進んで相手の暴投の間にホームを踏んだ。打撃では4打数1安打だったが、普段はショートで出場する桂飛勇己投手をリードし、3失点完投勝利に導いた。

この日は巨人、福岡ソフトバンクの2球団のスカウトが視察をしたが、植選手は大学、社会人で野球を続けることを希望する。

「今日は全然打てなかったので次は守備でしっかり最少失点で切り抜けて、もっと打てるよう頑張ります」と話し、次戦では打撃での活躍を誓った。

和歌山県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
和歌山県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

「今日は全然打てなかったので次は守備でしっかり最少失点で切り抜けて、もっと打てるよう頑張ります」。この日は巨人、ソフトバンクのスカウトも視察。プロ志望届は提出せず、大学か社会人で野球を続けることを希望している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント