和歌山県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

和歌山県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

智弁和歌山の小林樹斗投手は、182cm86kgの右腕で最速は148キロを記録する。2年センバツで見せた球は衝撃的で、糸を引くようにミットに吸い込まれるストレートは甲子園の強打者が狙ってスイングをしても空振りをしてしまうものだった。次の段階の成長にどのようにつながっていくのか注目をしたいが、今年の高校生投手のトップクラスの投手としてドラフト会議では上位で指名されそうだ。

同じく智弁和歌山の細川凌平選手は、172cmの遊撃手で50m5.8秒の抜群の俊足を見せる。1年時から外野手として出場し、外野では広い守備範囲と反応の良さ、球際の強さを見せていた。また打撃でも1番バッターとして出塁をするための気迫と、塁に出たら盗塁の恐怖を投手に与え続けられる。遊撃手としての守備を夏は見てみたいが、ドラフト3位までには消える選手だろう。

また来年もドラフト上位級の選手がいる。智弁和歌山の徳丸天晴選手は、185cm83kgの右の大砲で、軽くスイングをしてレフトの場外に運ぶ力がある。好投手との対戦にまだ課題も見せるが、その壁を越えてくるだろう。

市立和歌山の小園健太投手は184cm85kgの右腕投手で、今年春の紅白戦で147キロを記録し、150キロも到達するだろう。変化球と制球を磨き、世代NO.1投手を狙いたい。また打撃も素晴らしい。

その他の選手

智弁和歌山では綾原創太選手がセカンドで安定した守備を見せ、巧みな打撃も目を見張るものがある。平田晃将選手は打率を残せるがパンチ力もある選手。180cm左腕の矢田真那斗投手もスリークォーターから130キロ中盤の球と変化球を織り交ぜる。また2年生も主力となっており、180cm89kgの中西聖輝投手は143キロの力のある球を投げ、スピードのある宮坂厚希選手は、細川選手に変わってセンターに入り、広い守備範囲を守るとともに、打撃でも上位打線を打つ。

智弁和歌山のライバル、市立和歌山は、エースの岩本真之介投手が183cmの左腕で、長い腕をしならせて動くストレートをコントロールよく投げ、奪三振率も高い。186cm83kgの主砲・壱岐有翔選手はまだ実績は残せていないが長打力が爆発してほしい選手。2年生の松川虎生選手は177cm103kgの右の大砲で、入学してすぐに智弁学園との練習試合でホームランを放つなど、智弁和歌山・徳丸選手のライバル。

和歌山東の玉置隼翔選手も188cmの身長があり、投手としては140キロのストレートと鋭いフォークボールで三振を奪う。落合投手が抜けて本格的に投手に転向し、さらに成長が見込める。また西川透充投手も1年時から力強い球を投げている。

近大新宮の川口朝光投手は、サイドハンドから130キロ中盤の球を投げ、奪三振率も高い投手。日高中津の土川颯輝投手はスリークォーターからの滑るスライダーが魅力で、インコースに食い込む球も投げる。和歌山南陵の浜新之介投手もサイドハンドから大きく曲がる変化球が持ち味。紀央館の山田尋誠投手はバランスの良いフォームから角度と球威のある球を投げる。

日高中津の太田悠雅投手も鋭く曲がる変化球が武器で三振を奪う。桐蔭の坂口健心投手はスリークォーターからの小さく動く球をテンポよく投げる。和歌山商の松尾英聖投手も回転の良い伸びのある球を投げる。

初芝橋本の森本恵翔選手は、190cm100kgのスラッガーで、中学時代から注目をされており、抜群の飛距離を見せる選手。千代松広大選手はその前の3番を打ち、痛烈な打球を見せる。

高野山の桂飛勇己選手はショートで俊敏な動きを見せ、打撃でも左右にヒットを打つ。紀央館の原健心選手もショートで注目される選手、打撃や足も光る。近大新宮の榎本悠一郎選手は184cmの大型捕手で、軽快なフットワークを見せる。粉河高の木村壮吾選手も遊撃手で、チームの中心選手として活躍を見せる。那賀高の坂中俊亮選手は球速は130キロ前後の投手で、打者としても広角にヒットを打てる。

2020年度以降-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント